承天閣美術館 (相国寺のつづき)

0

    承天閣美術館は、1984年に相国寺創建600年を記念して建てられたそうです。

    まだ新しい美術館なのですね。

    寺院のような美術館は、相国寺境内の一番奥まった北側にありました。

                        

     

      

                     

     

                     玄関前の石灯籠(2匹の獅子が支えています)

     

     

     

     

                         パンフレットです

     

    禅の精神に結びついた山水の世界。

     

        達磨が座する洞窟から隠谷の声が聴こえる

     

    水墨画の技法は鎌倉時代から絵画に取り入れられ始めたそうです。

    それが禅宗寺院において大いに流行したと聞きました。

    (禅僧の多くが中国に学んでいるー元・明の時代 雪舟もその内の一人)

     

    達磨の衣服だけ赤いですね。

    写真撮影はできないので、パンフレットから写したものです

     

     

     

    牧谿(もっけい)画の「豊干・寒山・拾得図」がありました。

    牧谿の名前は本でしか知りませんでしたから、とても嬉しく思いました。

                     (牧谿は中国の水墨画の第一人者)

             足利義満がこよなく愛した絵画だそうです。(金閣寺蔵)

    水墨の線が生き生きとして表情も豊かです。次は屏風絵です。

     

     

    桃山時代から近世初期にかけて、当時の風俗を伝える遊楽図が多く描かれたそうです。

     

        花下遊楽図屏風

     

                            (17世紀初期のもの)                    

       幔幕が張られた宴席を描いています     

        右 楽器や囲碁を楽しむ人

        左 音楽にあわせて輪舞する人

       屏風絵を見ていると、こちらまで楽しくなってくるから不思議です。

     

    展示室は第1と第2の2箇所に分かれていました。

    途中廊下があるのですが、廊下から素敵な石庭が見られました。

     

     

     

     

    現代美術のようです。狭い空間にマッチしています。

    灯籠のような石の置物もアートな感じです。

     

     

    廊下には中国の大きな壷も見られました。

    (時代を見るのを失念しました)

    小学生ならすっぽり入られそう。

    ただし3つの取っ手は、マムシだそうです。

     

                  

     

    第2室には茶室も原寸大で2部屋展示されていました。

    茶道具も展示されていたのですが、やはり撮影禁止。

     

    入室者は私を含めて4〜5人、ゆっくり鑑賞できました。

    ご参考までに入館料は600円(60才以上)これは随分とサービスですね。

    気を良くしました。

     

    冗談はさておき、承天閣美術館、お薦めです。

    関西の方は是非ご訪問ください。

                 

                                                  花の中にメジロがいました

     

     

     

     

     

     


    相国寺

    0

       

      京都では今、明治維新150年記念と称した「京の冬の旅」キャンペーンをしています。

      「非公開文化財特別公開」があるということで、急に思いたち相国寺へ行ってきました。

       


                                       

           パンフレットから相国寺の歴史を一部ご紹介しましょう。

       

        創建は室町幕府の三代将軍足利義満。10年の歳月を費やして完成させました。

        開山は夢窓国師。

        応仁の乱の兵火で諸堂宇は灰燼に帰しましたが、豊臣氏や徳川家康の庇護をうけ

        何度も再建されています。

        金閣寺、銀閣寺はじめ九十余カ寺を有する臨済宗相国派の大本山です。

        山内には13の塔頭寺院ありますが、今回はその内3カ寺を特別公開しています。

       

       

       

       

       

        まずは、   法堂(はっとう)・方丈(ほうじょう)

       

      法堂は、本来畏れることなく説法を聴くお堂ということで「無畏堂」と言います。

      豊臣秀頼によって再建され、天井には狩野光信が描いた「蟠龍図」があります。

      手を叩くと天井に響いて鳴き声が聞こえるということで「鳴龍」と呼ばれています。

      (1807年再興)

       

       

                                                                               

       

      法堂の北に位置する方丈は、表方丈・裏方丈合わせて168畳の広さがあるそうです。

      室内および襖絵は残念ながら総て撮影禁止になっていました。

       

      下図は複製ですが、「観音菩薩画像」です。

      総てが法華経の経文によって描かれているそうです。

      細い眉や鼻の線、および髪もお経でした。

       

       

      方丈の北側には深山幽谷を表した枯山水庭園があります。

       谷のようになったところは深さ3メートルくらいの深さがありました。                                               

       

       

      広縁の廊下にある杉戸には、白象が描かれています。

      画家は原在中。江戸後期の画家で丸山応挙の弟子だそうです

      象の目が優しそうです。(確か伊藤若冲も白象描いていますね)

       

      つづいて 豊光寺 です

       

       

      1598年(慶長3)、西笑承兌和尚が豊臣秀吉の追善のため創建しました。

       

      釈迦如来像を安置し両脇に西笑承兌和尚と足利義稙の像が安置されています。

      初代管長の荻野独園和尚や、山岡鉄舟の書が展示されていました。

       

      書院の南には苔や白砂を配し、手入れされた広い庭園が見渡せました。

       

                       

        ( 10分ほど説明を聞いて、書を拝見したのですが、入場料はここだけで800円でした)

       

       

       

      伊藤若冲が動植綵絵を寄進した寺だということは聞いて知っていたのですが、

      恥ずかしながらこんなに壮大な一大寺院だとは知りませんでした。

      広い境内に散在する、建物を2〜3撮ってきました。

       

                                           破風の美しい香積院

       

       

       

                 屋根の反りの美しい大通院

       

        中国開封市の「大相国寺」から寄進された天響楼

       

       

      とにかく広大な境内に13の塔頭寺院が建っているのですから、壮観でした。

      繁栄していたときは144万坪あったといいます。

      現在は4万坪。同志社大学の北に位置する広大な敷地です。

       

      私はどうしても「相国寺承天閣美術館」へ行きたかったので、寺院の拝観は2箇寺

      にして隣接する美術館へ急ぎました。

      美術館での報告は後日にさせていただきます。今日はこれにて失礼します。

       

                                    

                                豊光寺の玄関にて

       

       


      グランマのお店・近況

      0

        以前このブログでグランマの店を紹介させていただきましたが、ご記憶でしょうか?

        主婦の手作り作品を、1週間に1度(日曜日)だけ、展示販売しているお店です。

        昨年末、3年を迎えましたが新商品も増えましたので、再度のご案内です。

        私はいたって不器用なのですが、友人たちはとても器用な力量揃いです。

         

        作品を並べてみますのでご覧ください。

         

        人気商品の布巾です。図案が豊富になりました。

         

        広げるとこんな感じです。




        この刺繍布巾、額に入れて飾っても素敵ですよ。

         

        小物コーナーです。

         

        ネックレス、小銭入れ、花瓶敷など使いみちは工夫しだいです。

         

        続いては、洋服コーナーです。

         

        藍染の小布を繋いだパッチワークはとても素敵です。

         

        最後はカバンと袋物コーナーです。

         

         

        レッスンバッグについている野菜や小花はレース糸で編み上げてあります。

        オンリーワンの作品ですから、嬉しいですね。

         

        前回お話しましたが、お店は6畳ほどのコンテナを改造したものです。

        狭い所に作品を沢山並べてありますので、写真が重なったりしているのは

        お許し下さい。

         

        何も作れない私は、広告塔の役割をしています。

        作品を身につけて歩くか、FBでご紹介させて戴くしか方法がありません。

        もしいいな〜と思われる作品がありましたら私までお声かけください。

        お待ちしております。

         

         


        懐かしの富山弁

        0

          富山県の言葉について、思い出しながら書いてみたいと思います。

           

          ネットで「方言・富山」を探すと、富山弁って京都弁についで人気があるそうです。

          以前、女優の室井滋さんが、きときとの魚の宣伝をしておられましたが、

          きときと」とは、新鮮なって意味です。全国的に有名になりましたね・・・

           

          これは、広重が描いた「ブリとフグ」の絵です。

           

          富山で魚と言えば今の時期、「ブリ」ですが、このブリ大きさによって呼び名が変わります。

           

          1センチから20センチのものは、 ツバス

          30センチくらいになると     コズクラ

          40センチになれば        ハマチ

          60センチを越えれば       フクラギ

          70センチで           ガンド

          80センチを越えて初めて     ブリ

           

          ご存知でしたか?

          私は分かりませんが、北陸育ちの主婦の方はみなさんご存知だと思います。

           

          言葉を列挙するのは大変なので、会話の特徴的なところを少し挙げてみます。

           

          1 否定形はまず、「な〜ん」という言葉で始めます。

            な~ん、知らんて〜        いいえ、知りませんよ

            な〜ん、つかえんて〜       いいえ、こまりませんよ

            な〜ん、行っとられんが      いいえ、行っておられませんよ

          と言った具合です。

            英語の NO に似た使い方ですね。 でもどこまでも優しい

            なになにしとられる のられるは尊敬語ですね。

           

          2 語尾に て〜 を使うことが多い  これも文章を和らげる

            そんながやて〜  そう言うことなのよ

            

          3 語尾に け を使う

            そうけ      そうなの

            行こまいけ    行こうではありませんか?

           河内弁のそうやんけの 「ケ」のニュアンスとは違います。

            

          4 語尾に やちゃ〜 をつける

            そんながやちゃ〜  そういうことなのよ

            言われんがやちゃ  言ったらだめなのよ〜

           

          おしまいに、究極の富山言葉を一つ

            だら  これ何のことかお分かりでしょうか。 鱈ではありません。

            だらとは、「アホ」に近い言葉です。

            

          何か失敗をしてしまったような時、「私、だらやね〜」と自虐的にいいます。

          誰かが失敗した時は、「あんた、だらけ?」と笑いますが、バカにしているのとは違います。

           

          富山弁は究極優しいのです。

          だから人気があるのかもしれませんね〜。

           

           

          北陸は昨日から大雪のようですね。

          早く春が来るといいですね〜。

                    

           

           

           

           

           

           

           


          春の兆し

          0

            ここ大阪では2〜3日春のような暖かい日和が続きました。

            おかげで、裏山でも春の準備が少し進んでいるようです。

            今日は、その様子を写真でお目にかけたいと思います。

             

             

            蕗の薹です。去年出ていた蕗の根本にしっかりしがみつくように芽を出しています。

            これを見つけると、「やった〜」という気持ちにさせられます。

             

            1週間前はまだ固い蕾だった白のクリスマスローズ。

             

             

            花びらを大きく膨らませています。

            紫色はどうでしょうか?

             

             

            こちらはまだ固いようです。色によって株によって違のですね。

             

            続いては、椿とシャクナゲの蕾

             

             

            植えて4〜5年になる実生の木に初めて蕾が着きました。

            近所の寺の境内からもらってきたものです。

             

             

            シャクナゲの蕾も随分大きくなりました。

            でもこの花は開くまで日時がかかります。咲き始めるのは例年4月下旬です。

             

            最後は、馬酔木の白と赤です。鈴のような可愛い下向きの花を咲かせます。

             

             

            この山は半日陰なので、陽当りの良い所に比べれば総てが遅いように思います。

             

            南向きの畑では水仙がもう満開ですからね。

             

             

            この水仙は、買い物途中の畑の側で咲いていたのを写しました。

            今年は20日が大寒だそうですが、植物は着実に春の準備に入っているのですね。

             

             

            去年の春、裏山に山桜の木が5〜6本もあることに気が付きました。

            根本には笹がびっしり生えているので、陽当りをよくしようと刈り取っています。

            すると、必ずジョウビタキがやってきて私の周りを飛び回ります。

             

            野山の鳥の本によれば、人になつくので2〜3メートルの近くまで来るとあります。

            でも我が家のジョウビタキは、50センチ近くまでやってきてチイ・チイ鳴きます。

            私が話しかけても飛び去ることはしません。

            ときには地面に下りてきて虫を探しているようです。

             

                                                        

             

            もう少しで春ですね〜。

            裏山からの報告でした。

             

             

             

             

             


            北陸の美味

            0

              日本海側は大変な積雪のようですね。

              お見舞い申し上げます。

              昨晩のテレビニュースでは、富山県高岡市の状況も流れていました。

               

              高岡市に、中学2年生まで住んでいたものですから、「高岡」と聞くと

              聞き耳を立ててしまいます。

              懐かしい方言やイントネーションに、テレビに吸い寄せられるのですが、

              直ぐに終わってしまうから残念ですが・・・。

               

              今日は、その高岡の小学校時代の友人から贈って貰った食べ物のお話です。

               

               

               

              これは何でしょう?  かぶらとブリを使ってつくります。

              かぶら寿司といいます。寿司とありますが、寿司ではありません。

              近江の「鮒ずし」の類ですね。

               

               

              切れ込みを入れたかぶらを塩漬けにしてあります。

              同じように塩漬けしたブリの切り身や人参、昆布などをかぶらに挟んであります。

              米麹を加えて重しを乗せ、2〜3週間寝かせてつくります。

               

              昔は母たちが、お正月頃に家で造っていましたが、今は専門の漬物屋さんで買うようです。

              麹をつけたまま一口大に切って、醤油を少し垂らしてご飯と一緒にいただきます。

               

               

              漬物のような感覚ですが、家人や子どもたちには不人気です。

              それをいいことに、私一人ほくそ笑んでいただいています。

              熱燗にもとても良く合いますよ。

               

              ひとつだけ残念なのは、このかぶら寿司一切れ1,000円近くするのです。

               

               

              これはかまぼこですね。昆布で巻いてあります。

               

              北陸には色々な種類のかまぼこがあるのをご存知でしょうか。

              結婚式に引き出物として用意される蒲鉾は、赤・黃・緑とド派手な一品です。

              写真でご紹介できないのが残念ですが、鯛や富士山や松竹梅などを形づくってあります。

               

              そんな中で、この昆布巻き蒲鉾は地味でが、滋味です。

               

               

              富山湾で捕れる新鮮な魚をすり身にして、北海道産の真昆布で巻いてあります。

              昆布は、よろこぶに通じるので縁起物とされていますよ。

              子供の頃のお雑煮にはいつも入っていたと記憶しています。

               

               

               

              最後の黒い塊のようなものは、一体なんでしょう。

               

              これスルメイカのお刺身にイカの肝臓を加えてをシオカラにし、

              さらにイカスミを入れて黒くしたものです。

               

              加賀百万石の藩主が、将軍様に献上したところ美味を絶賛されたといいます。

              文書で残っているそうですから、お墨つきですね。(イカニモ)

               

               

               

              西洋人は黒いもの(海苔など)は食べないと聴いたことがあります。

              でもスペインには確かイカスミのパスタありましたよね・・・。

               

               

              お酒の好きな方はご存知かも知れません。

              北陸新幹線開通以来、富山、金沢あたりはたいへんな人出だそうですから。

              出かけて賞味なさった方もあるでしょうか。

               

               

              今日は冬の北陸の美味をご紹介させていただきました。

              さて、今晩の献立は何にしようかしら・・・・。

               

               

               


              初夢

              0

                私は車の運転免許を持っていません。

                車についての知識もないのですが・・・・。

                ハンドルもブレーキも、アクセルもない車の時代が近づいているそうですね。

                 

                 

                 

                この車、テスラ社のモデルS。電気自動車ですね。(パンフレットから)

                 

                運転免許のない私が何故車のお話を?

                とお思いでしょうが、聞いてください。

                 

                 

                ドイツもフランスも2030年には排気ガスを出す車の販売を禁止したそうですね。

                ポルシェは2023年までに50%の車を、ボルボは100%の車を電気自動車にする

                そうです。

                インドも去年12月、2030年販売の新車を総て電気自動車にすると発表しました。

                 

                電気自動車のことAIVEと言うそうですから、要するに車の形をした「ロボット」

                と考えたらいいのでしょうか。

                 

                世界は電気自動車の時代へ向かってまっしぐら!

                 

                聞くところによれば、これからはマイカーの時代ではなく、電気自動車を10人位で

                共用すれば経費(年間費用)もそんなに必要ないとか。

                 

                交通渋滞も交通事故もなくなり、巨大駐車場も必要なく、高齢者の生活不便も解消

                でき、地球環境にも優しいと言うのですから素晴らしい事ですね。

                 

                 

                ということになると、運転免許を持たない私にもドライブの夢が実現できそうです。

                ただし、電気自動車の時代がくるまで私が健康でいられるでしょうか。

                 

                元気で長生きしましょう。

                2018年の初夢でした。

                今年もよろしくお願いします。

                 

                 

                PS 

                NHKラジオカルチャー「ET革命がもたらす未来の社会」に基いています。

                 

                 


                今年読んだ本のことなど

                0

                  12月も半ばを過ぎ、今年の10大ニュースが流れたり、亡くなった方を偲ぶ

                  番組が放映されたりと、一年を振り返る時期なのですね。

                   

                  我が家の重大ニュースは、この春思いがけず女の子の孫が誕生したことです。

                  全く個人的なことで書くのは少しためらわれましたが、家族が増えるという

                  ことは嬉しいことでなので紹介させてください。

                  小さい人の成長は目を見張るものがあり、毎日が驚きの連続です。

                  時間差なく送られてくるスマホの写真や動画で、表情や声までわかるのです

                  からなんと便利になったものだと驚かされている私です。

                   

                   

                   

                  さて今年75歳となり、後期高齢者のお墨付きをいただいた私も、少しは

                  年長者としての知恵を積むことができたでしょうか?

                   

                   

                  反省を込めて今年読んだ本を数えてみました。およそ20冊程になります。

                  買ってまだ読んでいない本も何冊かあるのですが、平均して月に1.5冊という

                  ところです。

                  読んだ本の中には映画になったものもいくつかあります。

                  内館牧子さんの「終わった人」も最近映画になったそうですね。

                   

                   

                   

                  百田尚樹さんの「海賊と呼ばれた男」は目下読破中です。

                  戦前・戦後の石油事情が詳細に書かれていて、オイルショックくらいしか知らない

                  自分の生き方を恥じ入るばかりです。

                  (私は神戸市に住んでいたのですが、通っていた中学の近くに出光石油はありました)

                  サムライのような生涯を貫いた人物がおられたことを、この歳になって知りました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ノーベル文学賞の発表があって、慌てて読んだのはカズオ・イシグロさんの

                  「日のなごり」でした。

                  イギリスの伝統ある文化に触れただけでなく、細やかな描写と心情が読み進める

                  ほどに心に沁みてきました。

                  (イギリス人になられたけれど、やっぱり嬉しいニュースでしたね)

                   

                   

                   

                   

                   

                  読書ではないのですが、今NHKのカルチャーラジオ(木曜日)で放送中の

                  「大人が味わうスウェーデン児童文学」(全13回)を聞いています。

                  これがとても面白い!

                  解説は「菱木晃子」さん、

                  北欧神話から始まって民話、やがて創作童話へ至る、スウェーデンの著名な

                  作家の作品が次々紹介されています。

                   

                   

                  誰でもが知っている、「ニルスの冒険」や「長靴下のピッピ」、それから

                  トーベ・ヤンソンさんの「ムーミン」等、原作者の意図する背景が、詳しく

                  語られています。

                   

                  又、1980年以来童話作家の書き手が若くなって、児童文学で取り上げる題材

                  (主題)が大きく変化してきている様子が語られていました。

                   

                  子どもたちが巣立って以後、児童書を手にすることから全く遠ざかっていた

                  私には新鮮な驚きです。

                   


                   

                  2010年に来日したこともある、アニカ・トールの「ステフィとネッリの物語」は

                  ナチス政権下、二人の少女の目を通して、「自分の居場所はどこにある」という

                  テーマで書かれた大部な児童書です。

                   

                  第二次世界大戦中スウェーデンは中立国だったので、ドイツとオーストリアから

                  ユダヤ人の子どもたち500人を引受け、一般家庭で家族として育てたそうです。

                   

                  最近涙もろくなったのは、歳のせいでしょうか。

                  12才の多感な少女の心が、少しづつ成長していく様子を少し紹介されただけで、

                  涙がこぼれそうになりました。是非読んでみたいと思っています。

                   

                   

                  どなたも自分の読書傾向をお持ちだと思いますが、誰かから違う分野の本を紹介

                  していただくことで新たな世界が広がりますね。

                   

                  コメント欄で、お読みになった本の感想などお知らせくださると嬉しいのですが・・

                  どうぞよろしくお願いします!

                   

                   

                   


                  乾邸の大イチョウ

                  0

                    茨木市の「人と自然と街MAP」を見ますと、安威バス停付近に

                    乾邸の大イチョウの絵が描かれています。

                     

                    我が家からは、徒歩で10分くらいの所にありますので、先日

                    カメラ持参で行ってきました。

                     

                    大きな木です。

                    樹高25メートル、樹齢200年を越えるといいます。

                    全体をカメラに納めるのは難しい。

                     

                     

                    枝分かれしているところはこんな感じです。

                     


                     

                    枝張りの直径は15メートル。幹周り4.1メートル。 雌株。

                    大阪府指定天然記念物です。

                     

                    住宅の中には入れませんから、フェンス越しに根元を写してみました。

                     

                     

                    祠がお祭りしてありました。

                    近所のイチョウ並木はすでに葉っぱは落ちてしまっていますが、

                    こちらはようやく散りはじめたといったところです。

                    ギンナンはそれほど沢山は落ちていませんでした。

                     

                        黄金のちいさき鳥のかたちして、銀杏散るなり夕日の岡に

                     

                    与謝野晶子の短歌ですね。中学くらいで習ったと思っていたのですが

                    今は小学校6年の国語の教科書にのっているそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                                         

                     

                    安威地区は小高い丘陵地帯ですから、100メートルほど東側をはしる府道・亀岡街道

                    からも望むことができます。ではまた。

                     


                    紅葉の大門寺

                    0

                      先週、自宅から徒歩で30分ばかりのところにある神峰山・大門寺へ行ってきました。

                       

                       

                                     

                       

                      ガイドヘルパーさんと春にも一度訪れています。

                      紅葉の頃、また来ましょうと約束していました。

                      見事な紅葉をご覧ください。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      寒暖の差が大きいほど赤く染まると聞いていますが、ここは茨木市の北部

                      夜はかなり冷え込むと思われます。

                      台風で山はかなり荒らされましたから心配していたのですが、見事ですね。

                       

                       

                       

                      山茶花も丁度見頃でした。

                       

                       

                                      

                       

                      お落ちているもみじの葉っぱを拾い集めてみました。

                      グラデーションが綺麗です。

                       

                       

                       

                      春先に咲いていたヤマユリに、種ができていました。

                      薄い膜の中に、小さな種が保護されて入っています。

                      種から花が咲くまでには7年ほどかかるそうですが・・・

                      育ててみましょうか。

                       

                       

                                    

                       

                       

                       

                      今日もお尋ねくださってありがとうございました。

                      ではまた。

                       

                       


                      | 1/15PAGES | >>

                      profile

                      profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode