洞庭湖

0

    中国・湖南省に関するお話です。

     

    先週から我が家に滞在中の客人のお名前は、DingDingさんと言います。

    彼女が育ったのは湖南省益陽市ですが、益陽市は洞庭湖という大きな淡水湖

    の傍にあるそうです。

     

     

                               洞庭湖に沈む夕陽

     

     

    確か、高校の漢詩の時間に李白の洞庭湖をうたったものをを習ったと彼女に伝えると、

    洞庭湖について色々教えてくれました。

     

    (洞庭湖については、ネットで調べれば詳しい情報があふれていますから、ここでは

    地元の人から聞くことの出来るお話を書いみたいと思います。)

     

    洪水の話

     

    洞庭湖は、毎年7月ごろ、水量が増して氾濫することがあるそうです。

    その対策の為各家庭では男性が、訓練に駆り出されるそうですが、若い男性は都会へ

    働きにでかけているので、それに参加するのは大変だそうです。

     

     

    調べてみました。

     

    洞庭湖の面積、通常   2,820平方キロ (琵琶湖の約4倍)

       増水期は長江から膨大な量の水と堆積物が流入するので、20,000平方キロになる

     

    一寸信じられない数字ですが、かっては八百里洞庭と呼ばれ中国一の大きさだったそうです。

    長江から年間1億4,000トンにのぼる土砂流入によって縮小が進み、更に農業用地としての

    利用が進んでいるため湖は小さくなりつつあるそうです。

     

    湖岸の葦の話

     

    湖岸部は小さな島が点在しているそうですが、島は堆積物で地味が大変肥えているので

    「葦」が自生しており、その若芽は食用として食すということです。

    若芽には免疫力があり、脂肪の消化を助けるとか。柔らかくて美味しいそうです。

    若芽とは、草丈20センチくらいまでののものを言う。

     

    琵琶湖の葦は、成長したものを干してよしずやすだれにすると聞いていますが、所変われば

    習慣も違うのですね。

     

    湖の魚の話

     

    洞庭湖には大小色々様々な種類の魚類が棲んでいるようで、漁業も盛んだそうです。

    小魚を乾燥させたものをお土産にいただきました。

    彼女の家庭で作くったものです。

    人は遊泳するのか聞いてみましたが、泳ぐには深いし、水は澄んではいないようです。

     

     

     

     

    洞庭湖の南方一帯の景観

     

    洞庭湖の南一帯を瀟湘(しょうしょう)と呼び、その美しさは古くから絵に詩になっています。

     

    宋代から、この辺りの景観八つを景色とした、山水画瀟湘八景)を描くことが流行った。

    この方式が日本に広まり、近江八景や金沢八景となった。(ネット)

     

    恥ずかしい話ですが、近江八景の元祖が洞庭湖だったとは、この年になるまで知りませんでした。

    狩野元信の描いた瀟湘八景図が京都国立博物館にあります。

     

     

     

    興味のお有りの方は京都博物館のページに詳しいですから、ご覧ください。

         http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/kaiga/70shosho.html

     

     

    最後に、李白の「洞庭湖に遊ぶ」

     

    彼女が撮った洞庭湖の湖岸に立つ漢詩の看板です。

     

     孟浩然と杜甫、李白の漢詩のようです。李白の漢詩を調べてみました。

      

        洞庭西望楚江分  
      水盡南天不見雲  
      日落長沙秋色遠  
      不知何處弔湘君  

     

       洞庭 西に望めば楚江(そこう)分(わか)る

       水尽きて南天 雲を見ず

       知日は落ちて長沙(ちょうさ) 秋色(しゅうしょく)遠し 

       何れの処にか湘君(しょうくん)を弔(とむら)わん

     

     

    DingDingのおかげで洞庭湖がぐっと身近なものになりました。

    お楽しみいただけましたでしょうか。ではまた。

     

     

     

     

     


    4月の裏山

    0

      今年は桜の開花が早かったですね。

      裏山の桜ももう散ってしまいました。でも今年は山桜が随分花をつけてくれましたから

      写真に納めてあります。

       

      2〜3年前山桜があることに気がついてから藪を開き、下草を刈り根元に陽が当たるように

      したのがよかったのか、地味な花ですが枝いっぱいに花を咲かせました。

      来年はもっと花をつけてくれるよう期待しています。

       

       

      今は藤が満開です。

       

      昨年の台風直撃で、かなり傷つきましたから、心配していたのですが杞憂に終わりました。

       

       

      随分沢山の花房が垂れ下がっています。

      例年に比べて花が少し小さいかもしれません。

      ヤマフジだとばかり思っていましたが、これは円錐形を逆さにした形をしていますから

      普通の「藤の花」だと教えていただきました。

      (ヤマフジは花房が寸胴型をしているそうです)

      紅葉の木に巻き付いて4~5m上まで花がついています。

       

       

       

       

      次はツクバネウツギです。

                  スイカズラ科・ツクバネウツギ属の低木

      小さなラッパのような白い花の根元を見てください。

      がくへん(萼片)が5枚見えるでしょうか。

      これが、衝羽根(つくばね)に似ていることからこの名前がつきました。

      細い木ですが、3メートル位の樹高があります。

       

       

       

      ガマズミ、もしくはコバノガマズミ

       

       

       

       

      3枚目は、葉が細長い形です。コバノガマズミかなと思います

      葉・花・果実 ともにガマズミより小形です。

      秋には赤い実をつけます。

      単に陽当りの良し悪しによる差なのかも知れません。

       

       

       

       

      最後はエビネです。

       

      これだけは自生ではなく、万博公園で買ってきたものです。2年目のものです。

      目立ちにくい清楚な花です。

       

                                        

       

       

      5月に入るとキンランやギンランが咲き始めます。その時またお目にかかりましょう。

       

       

       

       


      中国・湖南省出身のお客様

      0

        湖南省出身の客人を一人、我が家でお預かりすることになりました。

        現在は北京で、日本の花道を研修中の若い女性です。

        京都で13日から始まる池坊の作品展に参加するのが主な目的です。

         

        彼女から中国のお茶をお土産にいただきました。

         

        一番下のポリ袋以外は総て「紅茶」なのですが、発酵方法がそれぞれ違うそうです。

        右上の袋入りのものは、「老樹松針」という紅茶。

        茶の葉が松葉のように細く仕上げられていて、味わいはスッキリしたお茶に似ています。

         

        小さな団子のように丸められているのは、オフィス用紅茶だそうです。

        よく考えられていますね。

         

        下のポリ袋に入ったのは、外見は全くブルーベリーですが、黒い枸杞を乾燥させたもの。

        アントシアニンの含有量がブルーベリーより遥かに多いそうです。

         

        水溶性なので水に浸し、朝目覚めたときから寝るまで、1日中飲む習慣があるそうです。

        チベット星海省にある盆地、高山地帯に自生しているものを、採取して自家乾燥させたものです。

         

         

        飲んでみました。

        4~5分でこのきれいな紫色になります。

         

        30分も経過すれば、インクのような濃いブルーに変化しました。

        お味は甘みはそれほど感じませんが、ほんのりといい香りがしました。

        飲み干した後、再度水を加えると又この色に変化し、10回繰り返してもokです。

         

         

        枸杞と言えば、中華料理の最後にでてくる「おかゆ」に入った「赤い実」しか知らない

        私には黒い枸杞は驚きです。

         

        調べてみました。

         

        抗酸化物質アントシアニンの含有量は、全植物中最多、ブルーベリーの20倍

        西域三宝(黒枸杞、夏虫冬草・サフラン)に数えられる希少植物

        内蔵の冷えによる腰痛、目の疲れ、老眼への作用が古くから知られる

        メタボリックシドローム、血糖値上昇の抑制、抗ストレス、不眠、アンチエイジング

        美容への効果が確認されている

         

        凄い効能ですね。

        市販のものは、10グラム  3,821円とありました。

        (漢方薬の原料問屋さんの商品紹介から)

         

        漢方薬は高いものと思ってはおりましたが、効能は中国6000年の歴史が証明

        してくれるのでしょうね。

         

        ホワイトリカーを注ぐと、黒枸杞酒になるそうです。

         

        彼女はこれから暫く滞在しますので、中国の話もご紹介できればと考えています。

        ではまた。

         

         

         

         

         

         

         


        白木蓮 (お詫びして訂正です)

        0

          4月3日にアップした「白木蓮」の記述の中で、私の記述に2箇所不適切なところがありました。

          お詫びして訂正させていただきます。

           

          まず、銭原という地域についてですが、隣村は「余野」と書きましたが、正確には

          隣村は、能勢郡能勢町切畑と亀岡市になるそうです。

          キリシタン大名として有名な高山右近のご妻女が産まれたのは余野城だそうです。

           

           

          ついで、白木蓮の寿命を2〜300年と書きましたが、樹木の正確な樹齢を測ることは

          大変難しいしいそうです。

          文書などに明記されていれば正しいわけですが、そうでない場合はその土地に住んで

          おられる(あるいは住んでおられた)方の証言などから類推することになるようです。

           

          あの「白木蓮」に関する限り、今70代の方が物心つかれた頃すでにあの大きさであった

          ことは確かだそうです。

          ですからそれ以上のことを断定するのは無理があるわけです。昨日の記述については

          お詫びして、取り下げさせていただきます。

                                                                                                                                                     

                                                  

                        写真は咲き始めたイカリソウです。

           

           

           

           

           

           


          白木蓮

          0

            茨木市の北部に銭原という地区があります。

            隣村はもう「余野」という山深い山村ですが、車だと我が家からは20分の距離です。

             

            銭原育ちの友人に誘われて、春の1日を山と花々を愛でに行ってきました。

            友人が丹精込めて手入れされているお庭については、彼女のブログに詳しいので

            ここでは、友人に案内してもらった「白木蓮」をご紹介したいと思います。

             

              友人のブログ

                山庭居 

                https://yamaniwa11.exblog.jp/

             

            その大木は陽当りの良い山の斜面にありました。

             

            これ1本の木です。

            ぬけるような青空に高々と枝を伸ばしています。

             

             

            根元から数本に枝分かれしています。

            写真の立ち位置からは、斜面が急なため根元のところは写せませんでした。

             

            友人の話では、2〜300年は経つのではないかということでした。

            今までこんな見事な木蓮をみたことはありません。

            花が小さくみえますね。

            デジカメの望遠を最大にして、アップを狙って見ました。

             

             

            いかがでしょう!

             

            ところで白木蓮の花びらは何枚でしょう?

            調べて見ました。

             

            木蓮の花びらは9枚だそうです。

            チューリップのように半開きで、花は上の方向へ向いて咲いています。

            花びらの厚みもぼってりとして厚みがありますね。

             

            白木蓮によく似た「辛夷」(こぶし)と比べてみますと、

            こぶしの花びらは6枚で、完全に開花し、花は横向きに咲くそうです。

             

            どちらも、モクレン科、モクレン属の花なので似ているのは道理なのですが、

            よく観察するとその違いが分かります。

             

             

            春爛漫の1日でした。

             

            お詫び

              上記の内容に2箇所の訂正があります。

              次のお詫びのページに、正しい内容をアップしていますのでそちらもご覧ください。

              申し訳ありません。


            我が家のクリスマスローズ

            0

              少しご無沙汰してしまいました。

              インフルエンザにもかからないと安心してた私ですが、何故か鬼の霍乱。

              家に引きこもっていた間に、桜は満開、この春どうなっているの〜って感じです。

               

              本日は裏山で大事に育てている「クリスマスローズ」を紹介いたします。

               

              まず初めは代表的な白

              ずいぶん大きな株になりました。10年は経っています。

               

               

              紫の株

               

               

               

              続いてピンクの縁取りが可愛い株です。

               

               

              一重の花が多い中に八重のものがあります

               

              桜も椿m一重が可憐でいいかなと思うのですが、この八重咲きはなかなか魅力的です。

              花弁の中に濃い紫に差し色・スポットがあります。

              何時買ったのか、覚えていないのですが存在感があります。

               

               

              さらに一株、八重の白です。

               

               

               

              これも斑入りですね。重たいくらいの八重咲きです。

              この中にお気に入りのものがありましたでしょうか?

               

               

              ところでこれらのクリスマスローズ、どうしてこのような名前がついたのでしょうね。

              調べてみました。

              正式名は、キンポウゲ科のレンテンローズ

               

              キリスト教の受難節(レント)の頃咲くのだそうです。

              (受難節は復活祭の40日前の期間)

               

               

              自生地は、ヨーロッパからトルコ、シリア、ジョージア、とありました。

              シリアのどの辺りに咲くのでしょう。悲しいですね。

               

              別名「雪起こし」とも言うそうですが、寒さに強く雪を持ち上げて咲くからだそうです。

              たしかに裏山は半日影で、寒いのですが毎春必ず咲いてくれます。

              こぼれ種から、芽を出しますから集めて、プランターで育て4年目くらいに地植えしています。

              花をつけるまで時間を要しますから、園芸店のものを見るとけっこうな値段になっていますね。

               

              葉や根茎には毒があるそうですから、角には置けません。

               

               

              我が家の気難しい娘は「クリスマスローズ」なんてもったいぶった花よりスミレがいいと言います。

               

              さてあなたはどちらがお好みでしょうか。

               

                               

               


              花ざかり

              0

                「花」と言えば、梅でしょうか、桜でしょうか?

                 

                奈良時代までは、花と言えば「梅」をさしたそうですね。

                江戸時代になってから花見は桜になったのだそうです。

                (秀吉の醍醐の花見は桜でしたよね・・・・?)

                 

                ところで我が家の桜は、本日もう満開になりました。

                 

                この桜、実はサクランボのなる桜です。

                 

                何時も3月中旬には満開になります。

                何故こんなに早く咲くのか調べてみました。

                 

                家庭に植えられているサクランボのなる桜木は、多くが中国桜桃と言う種類だそうです。

                自家結実性で、開花はひときわ早く3月上旬と説明されていました。

                 

                有名なのは「サトウニシキ」ですが、これは西洋のナポレオンとアメリカの原産の黄桃

                を交配してできたものだそうです。

                山形の佐藤栄助さんが交配して作られたので「サトウニシキ」と言うのだそうです。

                 

                我が家のサクランボはサトウニシキとはいきませんが、それでも5〜6月になると

                たわわに実をつけます。

                ヒヨドリと競争で採り入れ、ご近所さんに配ったり、ジャムにしたりしています。

                 

                梅も満開になりました。

                 

                少し分かりにくくてすみません。

                八重のしだれ梅です。

                 

                梅の開花時期は巾がありますね。

                地域や温度よって開きがあり、1月から3月だそうです。

                丁度今、桜と一緒に咲いています。

                梅の花言葉は、「高潔」「忠実」「上品」だそうです。

                「花の兄」とも呼ばれているそうですから、古くから愛されていたのでしょうね。

                確かに気品のある花ですね。

                花の下で「飲んで、歌って、踊り出す」という雰囲気ではありませんね。

                 

                 

                最後は山茱萸(さんしゅゆ)

                 

                 

                この春は沢山花をつけています。

                小さなマンサクのような黄色い花です。

                春黄金花とも言うそうです。

                この花秋になると赤い実をつけるそうですが、我が家では実がなったことがありません。

                何故でしょう?

                 

                春は確実に色濃くなってきました。

                明日は雨と聞いていますが、一雨ごとに暖かくなるのでしょうね。

                                

                 

                                

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 


                春ですね

                0

                  本日3月4日、春ですね〜

                  この良いお天気は本物でしょうか?

                  裏山でビックリするようなものを見つけました。

                   

                   

                  土まみれのクワガタです。クヌギの根元にいました。

                  元気です。どこに隠れていたのでしょう。

                  確か木の幹で越冬するように本で読んだ覚えがあるのですが・・・。

                  動き回るのでピンとが甘くてスミマセン。

                   

                  私のこと、虫の好きな変なおばさんと思われるでしょうね。

                  では花も好きなことをお知らせしましょう。

                   

                  これ「ウグイス神楽」という小さな花です。

                  名前が素敵でしょ。

                  ウグイスが鳴き始めると咲きます。

                  我が家の周りでは、1週間ほど前から綺麗な声で春の歌を歌い始めています。

                   

                  クリスマスローズ(これは園芸種ですが)かなり咲いています。

                  白い花の方が早く咲き始めますが、紫のものももうかなり咲き始めました。

                   

                  バイモ、も元気に芽が揃いました。

                  ユリ科、バイモ属  背が高くなると小さな提灯を灯したような花が下向きに咲きます。

                  花は薄緑色をしています。

                   

                  サイハイラン ご存知でしょうか?

                  武将の采配のような花を付けますが、今年は二つの株から芽が伸びています。

                  咲きましたらご紹介します。

                   

                  滋味な花ですが貴重種です。絶滅危惧種になっている県もあるそうです。

                   


                  こ今年の冬は寒さが厳しかったですから、桜は遅れるのでしょうか。

                  春が待たれますが、植物や小さな動物たちも自分の出番はよく知っているようですね。

                  地面から顔を出している小さな芽をみるととても愛おしく思える年齢になりました。

                   

                   

                  いつもブログをお読み下さりありがとうございます。

                  閲覧してくださった方々の数字にいつも驚かされます。

                  とても嬉しく思っています。

                   

                                    

                   

                   


                  中国の仏像

                  0

                    私の友人に中国へよく旅行に出かける方があります。

                    今年の1月、友人がかって文化大革命の前に中国で買い求められた仏像の

                    展示会をされました。

                    その方は、ご自分の店舗を小さな美術館として提供されていたのですが、

                    今は残念ながら閉館状態なのです。

                    でも臨時に開館されることがあって行ってきました。

                    とても素晴らしい仏像や絵画がありましたので一部ご紹介いたします。

                     

                    女性同志か、男女なのかわからないのですが、なんとも微笑ましいポーズですね。

                     

                    天平時代の女性のような装束ですね。

                    大阪中之島の「東洋陶磁美術館」でこれによくにた女性の像を見たことがあります。

                     

                     

                    大日如来と脇仏でしょうか、木彫りの仏像、折りたためるようになっています。

                     

                    悲母観音でしょうか?舟にのっておられるようです。

                    石は大理石でしょうか?

                     

                    これは釈迦でしょうね、衣のひだが流動的で美しいですね。

                     

                    お腰を少し右にふって、ギリシャかインドの流れでしょうか?

                    高さは1メートルくらいです。

                     

                     

                    装束からはトルコ?と思いましたが、頭に壷を乗せています。

                    トルコにそんな風習はあるのでしょうか?

                     

                     

                    上記2枚は、友人の書です。彼は書家でも詩人でもあります。

                    紙は中国で求められたもの。よ〜く見ると、紙に金の細い線で絵が描かれています。

                     

                     

                    出口に置かれていた獅子です。

                    日本のものとは違いますね。力強い感じがしました。

                     

                     

                     

                    「中国の仏像」で調べてみたのですが、どれ一つとして制作の年代や背景は分かりませんでした。

                    これらの像や仏像について何かご存知の方がありましたら是非教えてください。

                     

                    これらの写真は一部ですので、また機会がありましたらご案内させていただきます。

                     

                     


                     


                    承天閣美術館 (相国寺のつづき)

                    0

                      承天閣美術館は、1984年に相国寺創建600年を記念して建てられたそうです。

                      まだ新しい美術館なのですね。

                      寺院のような美術館は、相国寺境内の一番奥まった北側にありました。

                                          

                       

                        

                                       

                       

                                       玄関前の石灯籠(2匹の獅子が支えています)

                       

                       

                       

                       

                                           パンフレットです

                       

                      禅の精神に結びついた山水の世界。

                       

                          達磨が座する洞窟から隠谷の声が聴こえる

                       

                      水墨画の技法は鎌倉時代から絵画に取り入れられ始めたそうです。

                      それが禅宗寺院において大いに流行したと聞きました。

                      (禅僧の多くが中国に学んでいるー元・明の時代 雪舟もその内の一人)

                       

                      達磨の衣服だけ赤いですね。

                      写真撮影はできないので、パンフレットから写したものです

                       

                       

                       

                      牧谿(もっけい)画の「豊干・寒山・拾得図」がありました。

                      牧谿の名前は本でしか知りませんでしたから、とても嬉しく思いました。

                                       (牧谿は中国の水墨画の第一人者)

                               足利義満がこよなく愛した絵画だそうです。(金閣寺蔵)

                      水墨の線が生き生きとして表情も豊かです。次は屏風絵です。

                       

                       

                      桃山時代から近世初期にかけて、当時の風俗を伝える遊楽図が多く描かれたそうです。

                       

                          花下遊楽図屏風

                       

                                              (17世紀初期のもの)                    

                         幔幕が張られた宴席を描いています     

                          右 楽器や囲碁を楽しむ人

                          左 音楽にあわせて輪舞する人

                         屏風絵を見ていると、こちらまで楽しくなってくるから不思議です。

                       

                      展示室は第1と第2の2箇所に分かれていました。

                      途中廊下があるのですが、廊下から素敵な石庭が見られました。

                       

                       

                       

                       

                      現代美術のようです。狭い空間にマッチしています。

                      灯籠のような石の置物もアートな感じです。

                       

                       

                      廊下には中国の大きな壷も見られました。

                      (時代を見るのを失念しました)

                      小学生ならすっぽり入られそう。

                      ただし3つの取っ手は、マムシだそうです。

                       

                                    

                       

                      第2室には茶室も原寸大で2部屋展示されていました。

                      茶道具も展示されていたのですが、やはり撮影禁止。

                       

                      入室者は私を含めて4〜5人、ゆっくり鑑賞できました。

                      ご参考までに入館料は600円(60才以上)これは随分とサービスですね。

                      気を良くしました。

                       

                      冗談はさておき、承天閣美術館、お薦めです。

                      関西の方は是非ご訪問ください。

                                   

                                                                    花の中にメジロがいました

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/16PAGES | >>

                      profile

                      profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode