古墳と埴輪

0

     

    [埴輪が語る茨木市の歴史]と題した郷土史教室講座に出席してきました。

     

    茨木市立文化財資料館が主催です。講師は同資料館の竹原千佳先生でした。

    実は私が以前40年ほど住んでいた住宅地は、古墳を開発した地区でした。

    現在住んでいる地区は、安威古墳群と言われる地区の真っ只中にあります。

    古墳から埴輪が掘り出されていることは知っていましたが、知識は0です。

    そんなこんなでこの講座を受講してきました。学んだ事と数冊の資料から

    少しまとめてみました。

     

     

      3世紀中頃から7世紀初めごろまでの350年間を古墳時代と呼びますが、この間に

      北海道と沖縄を除く日本列島において約5200基もの古墳が築造されました。

     

      前方後円墳を中心とした古墳の築造によって、有力首長の政治的な立ち位置を示し、

      また有力首長間の関係性を示した時代と言えます。

      従って古墳の規模や葺石、埋葬施設、埴輪などから被葬者の政治的性格が伺えます。

                               (当日配布された資料から)

     

     

    茨木市および、隣接の高槻市一帯は「三島古墳群」と呼ばれています。

    (下図は、配布資料の印刷が判読しずらいものでしたので私が写して書いたものです。)

     

           

     

      淀川の左岸にあたるこの地域には、山間部から幾本もの川が流れ出しています。

     (大部分はやがて淀川に合流)

      その丘陵地帯から平野部にかけて、数多くの古墳群や大きな前方後円墳等が見られます。

     


           茨木の古墳

     

    4世紀代の古墳として

    安威川流域では、安威0号墳、安威1号墳、将軍山古墳、紫金山古墳が見られます。

     

    安威0号墳は、直径15メートルの円墳です。

           墳丘は自然の地形の上に2メートルの盛土をおこなっていました。

           ここから埴輪は出ていませんが、平縁四獣鏡が出ています。

           

           

              写真は「茨木の歴史」から  平縁四獣鏡

     

     

          

    安威1号墳は、直径45メートルの前方後円墳です。

           壺型埴輪が出ました。

           0号墳のすぐ東にあります。

           現在、茨木市立北陵中学校の構内に保存されています。

     

           

            壺型埴輪                     wikipedia  から

     

    将軍山古墳は、全長107メートルの前方後円墳でしたが、

           開発されて住宅地となってしまったため、住宅地北側の山の頂に、

           竪穴式石室のみが移設されています。

           古墳から、壺型埴輪円筒形埴輪が出ています。   

     

           

           円筒形埴輪   Wikipedia  から

     

     

    紫金山古墳は、全長110メートルの前方後円墳です。

           鰭付円筒埴輪が樹立していましたが、壺型埴輪は出ていません。

     

           

           鰭付円筒埴輪  宮内庁ホーム・ページ から

     

     

     

     埴輪が何故造られるようになったのか、面白い話を聞きました。

     日本書紀の垂仁紀に、次のような話が掲載されているそうです。

     

        垂仁天皇のお后、日葉酢媛命(ひばすひめ)が亡くなられた時、

        殉死(当時の風習)の習慣は良くないのでどうしたものかと天皇が問われたそうです。

        野見宿禰(のみのすくね)が土物(はに)を造ることを提案、

        馬や人の形を土で作り、これを墓に備えた。

     このことにより野見宿禰は、土部の長に任命され、土部臣と称するようになったとか。

     

       講義のまとめ (配布文書より) 

     

    仝妬は生前造墓である。

    ∩以後円墳を頂点にした墳墓造営によって有力首長の政治的立ち位置が伺える。

     

    0属匕妬や将軍山古墳のように壺型埴輪を樹立したまとまりがある。

     

    せ膓盪蓋妬のように円筒埴輪を中心にした、壺型埴輪をもたないまとまりがある。

     

    ザ畧椶靴臣楼茲如且つ同時期であるにもかかわらず、埴輪の様相がことなるその背景には、

     勢力母体が異なる可能性が考えられる。

     

    Γ汗さ中ごろは、同じ地域内であっても中枢の政権とは独自につながり、必ずしも同じ方向を

     向いていたわけではないことが分かる。

     

    大変興味深い講座でした。┣鵐轡蝓璽困任垢、次回は「青銅器の生産体制の変遷」です。

    受講できましたら、またご報告させていただきます。

     

    ブログを書くにあたって参考にした著書

      茨木市教育委員会 茨木市選挙管理委員会 発行 「茨木の歴史」

      郷土史発行委員会            発行 「安威郷土史」

     

     


    ヤママユ

    0

      前回、このページでご紹介しました「クスサン」は正しくは「ヤママユ」でした。

      フェイスブックの知人からご指摘をいただきました。

      お詫びして訂正いたします。

       

       

      蛾の体の色が少し黄色いかなと感じたのですが、クスサンの繭の抜け殻を今年になって

      もう何個も見つけていたのでクスサンと思い込んでしまいました。

       

       

      手元にあるスカシダワラ(クスサンの繭)

       

      現在も庭の蔦の鉢に、クスサンの繭が張り付いていて中には幼虫が動いています。

       

       

      ヤママユの繭は一度も見たことがありません。

      ネットで調べてみました。

       

      普通の蚕の繭は白色をしていますが、ヤママユの繭はそれよりは2周りほど大きく

      色も少し緑色を帯びているようです。

       

      クスサンもヤママユもヤママユガ科に属します。

       

       

      ヤママユの繭からは、普通6〜700メートルの光沢のある絹糸がとれます。

      糸も太く、伸度も大きい。

      貴重価値があるのでお値段は絹に比べて格段に高いそうです。

       

       

      写真があったらよかったのですが、今後裏山で気をつけて探してみることにします。

       

      「蛾」といったらそれだけで、気持悪るがる方もあるかと思いますが、

      翅が白く羽衣のような「オオミズアオ」のような美しいものもいるそうです。

      是非一度見たいものです。

       


       

       

      上はクスサン(Wikipediaから)

      下はヤママユ(私が捕まえたもの)

       

      ではまた。ありがとうございました。

       

       

       

       


      黄色いクスサン

      0

        自転車を走らせていて、黄色いイチョウの葉っぱが2枚落ちているのに気がついた。

         

        「ウ〜ン、今頃、黄色いイチョウの葉っぱが落ちているはずはない!」

        5メートルほど行き過ぎて慌ててバックした。

         

         

        「いや〜これはクッサン」まだ生きている(これがホントの虫の息)

        羽はかなり傷みがひどい!

        捕まえて家へ帰る時間はない。

         

        一瞬逡巡したが、拾い上げて自転車の後ろカゴに入れて蓋をした。

        気になったが急ぎの用があったので、自転車を降りバスに乗って出かけた。

         

         

        3時間ほどして帰宅。

        後ろカゴを開けてみたが、やっぱり死んでいた。

        しょうがないので翅をきれいに広げ、写したのが上の写真である。

         

         

        今まで図鑑で調べたり、死んでいるクッサンを何度か見ているがこれは黄色が鮮やかだ。

         

         

         

         

         

         

        大きなお腹をしている。

        両方の翅を広げると15センチもあった。

        お腹の腹回りは分からないが、5センチの長さがある。

         

        今年はスカシダワラを、何個も見かけたから何処かで幼虫が大発生したのかもしれない。

         

        この暑さにやられたのだろうか?

        子孫は残せたのだろうかと考える。

         

        クスサンはヤママユガ科の蛾である。

        幼虫はクリ、クヌギ、ウメ、サクラ、クスノキなどを食べつくすので農家の嫌われものだそうだ。

         

         

         

        PS

        2016年の8月にクスサンについて書いているので関心のある方はお読みくださると嬉しいです。

         

        記述に間違いがありましたら、お教えください。

         


        豪雨に思う

        0

                                  庭に咲いたカサブランカ

           

           

          前回、7月5日に「紫陽花」を描いてから随分ご無沙汰してしまいました。

           

           

          ここのところ連日の猛暑で、豪雨の被害を忘れてしまいそうな日々ですが、

          岡山・広島・四国地方を襲った豪雨被害はあまりにも甚大でしたね。

           

           

          実は私の住む大阪北部の北摂でも、雨の量は尋常なものではありませんでした。

          何しろ地震で地盤が緩んだ直後でしたから、茨木市からは避難警告が出ました。


                        裏山から、 激しく流れ出る水の流れ

           

           

          我が家には視覚障害のため直ぐには行動出来ない者がいますので、大変に動揺いたしました。

          裏山から流れ出る水の量を見て、家人を老人ホームのショートステイに預ける事を考えました。

          幸運にも個室の空きがあって、家人にとって初めての体験入所をいたしました。

           

           

          担当のケアマネージャさんからは、ショートの利用を再三勧められていたのですが、

          なにしろ網膜剥離による途中失明ですから、自分のことは一人では全く出来ません。

           

           

          家人の帰宅後の様子から、老人ホームではかなり動揺したことが伺われました。

          私にとってもとても大きな反省点となりました。

           

          私自身は長く福祉畑を歩いてきましたし、介護経験も長いですからなんでもできるつもりで

          いたのですね。

           

           

          でもいつまでも私が健康とはか限りませんから、今後どうするか大きな課題に直面しています。

          そんなこんなで、ブログがなかなか書けませんでした。

           

                                                      最後まで咲いていた、おたふく紫陽花

           

           

           

          雨後の紫陽花の剪定と、屋根の補修がやっと終わりましたので、今日は気持ちを切り替えて

          茨木市の「埴輪が語る茨木の歴史」の講座を受講してきました。

           

          8回シリーズの第1回でしたが、大変興味深い講義でしたので、明日からはそのことについて

          少しづつ書いてみようかと思っています。

           

           

          いつも熱心にブログを読んでくださっている皆様にお詫びとご報告でした。

           

           

           

           

           

           

           

           


          雨と紫陽花

          0

            雨に紫陽花はよく似合うと言いますが・・・

            今日のような大雨は、気分が滅入りますね。

            地震の被害が大きかった後ですから、殊の外恨めしい雨です。

             

            ブルーシートの上に降る雨を見ながら、何時まで降るのか心配しています。

            茨木市北部には午前中避難勧告もでましたが、今は小休止のようです。

             

             

            安威川がすぐ横を流れていますので、買い物に行くのも一寸気が進みません。

            昨日裏山から切ってきた紫陽花を久しぶりにスケッチしてみました。

             

             

            サインペンで描いて、少し色をつけてみました。

             

             

             

            額紫陽花です。

            はがきに描いています。

             

             

            使っているのは、暑中見舞いのはがきです。

            インクジェット用なので色がうまくのりません。

             

             

            これは言い訳です。

            最近全然描いていないので、一寸心を入れ替えて又始めなきゃと殊勝なことを考えています。

             

            どうか早く雨があがりますように!

             

             


            民博はお休みです

            0

              地震から2週間経った昨日、万博公園内の「みんぱく」へ行ってきました。

              実は、震度6の地震があった前日、私は友人と民族学博物館へ行っていました。

               

               

              その時撮ってきた写真が何枚かあるのですが、いざブログで取り上げるとなると

              資料が甚だ不十分なことに気が付き、再度確かめに行ったのですが・・・・・

               

              民族学博物館は、9月中旬まで休館 となっていました。

               

              そうでしょうね。

              あれだけの展示物、被害状況を調べるだけでもそのくらいの日時は必要でしょう。

              残念ですが、納得して帰ってきました。

               

               

               

               

               

               

               

              上2枚の絵、アーネムランド(オーストラリア)のコーナーにありました。

              とても緻密に描かれていますし、活き活きとして色がとても綺麗ですね。

              惹きつけられました。

               

              アーネムランドについて詳しく知りたかったのですが、仕方ありませんネットで調べてみました。

               

              アーネムランドは、オーストラリアにある5つの州の内の一つ、ノーザンテリトリーにある

              広大なアボリジニーの保有地の名称です。

              1623年にオランダの船アーネムが発見したことからこの名で呼ばれるようになりました。

               

              赤道に最も近く乾期と雨期があります。激しい自然環境のため人の手が加わることが少なく、

              手付かずの自然が残されています。

              何万年もの間、先住民アボリジニの人々はこの地に住み続け、その文化を継承してきました。

               

              芸術

              蛇やワニ、ウミガメなどの絵画や(主に樹皮に描いた)、動物を形どった彫刻、植物の繊維

              を編み込んだ、デイリーバッグなどが有名です。

              絵画は、岩石から取った赤・茶・黄色のオーカー、白粘土からの白色、炭や岩石からの黒色

              で描かれています。

               

               

               

              アーネムランドへの旅行には乾期(4月〜9月)が適しているそうです。

              インジャラック・ヒルのツアーに参加すれば古代の岩絵を鑑賞できるとか・・。

              インジャラック・アート・センターでは現代アーチストの制作現場を見学でき、

              籠や絵画も購入できるそうです。

               

               

               

               

              私は、オーストラリアへはなかなか行けそうもないので、民博が早く開館して、

              もう一度あの作品たちに会いたなあ〜と思っています。

               

               

              ではまたお会いしましょう!

               

               

               

               

               

               


              文楽へようこそ

              0

                6月8日から21日まで、日本橋の国立文楽劇場で「文楽鑑賞教室」が開催されています。

                初心者向けに、文楽の解説もあるということで行ってきました。

                 

                 

                ロビーは高校生らしき白い学生服の一団が溢れ、なかなかの活気です。

                こんな若いときから文楽に触れられるといいな〜と思いながら進んでいきますと、

                資料室があり、本物の人形や、劇場構造の模型、文楽の小道具などが展示されていました。

                 

                 

                 

                 

                衣装を脱いだ人形の身体はいくつもの部分に分かれるのですね。

                 

                 

                太夫さんが使う見台、腹に納めるおとしと腹帯、お尻の下の小さな椅子(尻引)です。

                 

                 

                 

                文楽三味線

                 

                 

                太棹三味線の弦は強く張ってあるので強い音がでる(コマの高さが高い)

                撥は象牙製で300gもあるということです。

                 

                 

                ホールにはいかにも文楽といった威厳のある緞帳が下がっていました。

                狩野永徳描くような幹の太い緑の松が、何本も枝を伸ばしています。

                写真に納めるのを忘れたのですが、思っていたより舞台幅は随分と広い。

                 

                 

                 

                その舞台の両横にあるのが床

                物語の進行役である太夫さんと三味線弾きさんの定位置です。

                金色の壁がくるりと回転すると、太夫さんたちが現れる仕掛け、あれです。

                 

                 

                義太夫節は勿論日本語で語るのですが、これが現代人にはなかなか難解。

                舞台の上部に電光掲示板があって、台詞を読むことができます。

                 

                 

                この日は「鑑賞教室」ですから「人形」の使い方について実演がありました。

                 

                 

                頭・顔にあたる「かしら」と右手を操作する「主遣い」(おもづかい)

                左手を操作する「左遣い」

                足を動かす「足遣い」

                この三人が一組になって1体の人形を操るのだそうです。

                 

                3人の息が合わなければ、ぎこちないものになるでしょうね。

                左手遣い、足遣いをそれぞれ10年以上修行して主遣いへと昇格していくと聞きました。

                 

                人形は120cmから150cmあるそうですが、衣装をつけると10kgにもなるそうです。

                客席から見ていると、もっと大きく見えますから不思議です。

                 

                 

                 

                この日の演目は、「絵本太閤記」から夕顔の段と尼崎の段でした。

                明智光秀が織田信長を滅ぼす時代物ですが、全部で13段あるうちの2段の上演です。

                尼崎の段は最も人気のある段だそうですが、1799年の作品といいますから、元禄文化

                華やかだった頃、上方の人々の大きな楽しみだったのでしょうね。

                 

                 

                 

                大阪人なのに文楽体験は初めての私ですが、次は「曽根崎心中」など見たいと思いました。

                (実際に起った心中事件を近松門左衛門が描いたという)

                 

                 

                 

                 

                これは外国のお客様向けのポスターですが、外国の方も沢山見受けられました。

                興味を持たれた方は一度いかでしょう。文楽初体験記でした。

                 

                 

                 

                 


                紫陽花

                0

                  裏山に植えている紫陽花の生育が、今年は少し寂しいように思えます。

                  梅雨入りして、各地の紫陽花だよりが聞かれる中、ようやく咲き始めました。

                   

                   

                   

                  これは柏葉紫陽花ですが、花の大きさが例年の半分くらいしかありません。

                  いつもですと自分の花の重みでぐ〜っと頭を下げていたのですが、ピンと頭をもたげています。

                  花数も少なめです。どうしたことでしょう。

                   

                   

                   

                   

                  成績の良いのはアナベルでしょうか。

                  アナベルは、品種改良された紫陽花ですね。

                   

                   

                  白の花びらは薄く柔らかく、まん丸の形をしています。

                  葉も薄く茎も細くて、全体に貴婦人の感じと言えばいいでしょうか。

                  それでも挿し木にすると成功率100%で、今年は5本に増えました。

                   

                   

                   

                   

                  これは紫というよりは、ピンクですね。

                  シーズンを通じて変色することなく、大きな木では私の背より高く、2m近くあります。

                  雨の中、ピンクがあると少し華やぎます。

                   

                   

                   

                  これは額紫陽花。

                  墨田の花火とか素敵な名前が付いたのもありますが、これは不明です。

                  花は紫や白や、八重咲きのものや色々あるようですね。

                  周りの花は装飾花というそうです。中央部にあるのは両性花。

                   

                  中心はこんな具合です。

                   

                  去年母の日のプレゼントにもらったものは、山に移植して高さ50cm位に育っています。

                  蕾もたくさんついていますが、開くのはもう少し先のようです。

                   

                  咲きましたらまたお知らせします。

                   

                   

                  最後にホタルブクロをお目にかけましょう。

                   

                   

                  ホタルブクロはとても繁殖力の強い植物ですね。

                  裏山の裾に植えて10年目ですが、どんどん広がって楽しませてくれます。

                  冬期には姿を消しますが、6月になると蛍の宿のような花を楽しませてくれます。

                   

                  本日は紫陽花の第1報でした。

                  下旬にはまたお知らせいたします。

                   

                   

                   


                  6月の風

                  0

                    今日からはもう6月ですね。

                     

                    図書館から予約していた本が入ったという連絡があったので自転車で行ってきました。

                     

                    安威川の堤防を6月の風を受けながら走っていましたら、ハルジオンが満開でした。

                     

                     

                     

                    ハルジオンは大正年間に北米から帰化した多年草だそうです。

                    今では全国的に広がり、雑草として扱われているそうですが、これだけ堤防を埋め尽くしていると

                    写真に撮りたくなりました。

                     

                     

                    図書館の庭には、ナツツバキが咲いていました。

                     

                     

                     

                    蕾も沢山付いていましたから、まだまだ咲きそうです。

                     

                     

                    これはハナミズキでしょうか

                     

                     

                    樹木名がなかったので、「葉で見分ける樹木」で調べたのですが少し違うようです。

                    ハナミズキの葉っぱはもっと丸く、鋸歯がないようです。

                     

                    ヤマボウシの葉は、卵円形で全縁でやや波打つとありましたからそうかも知れません。

                    園芸品種も出回っているということなので、雑種かもしれません。

                    樹皮を観察してくるべきでした。(反省しきり)

                     

                    ヤマボウシだと秋には赤い実がなりますから気をつけて見ていましょう。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                               Wikipedia から借用

                     

                     

                     

                    帰路違う道を通りましたら、ほとんどの水田には苗が植えられていました。

                     

                     

                    青田の上を風が吹き渡るのももうすぐでしょう。

                     

                                       借りてきた本

                     

                     

                    大型美術書が借りられるのは嬉しいですね〜

                    ではまた。

                     

                     


                    野生の王国か(虫注意)

                    0

                      雨上がりの朝、ガラス戸を開け山側のブロック塀をふと見た。

                      オオオ〜ツ・・・・

                       

                      見たこともない大きななめくじ! うそでしょ!と思ったがやっぱりなめくじ!

                      若い女性なら、きゃ〜っと言う場面だが、沈着冷静な私(感性が鈍っているだけ)

                      カメラに写した。

                       

                                    (ビビッタのかピントが合いませんでした)

                      後で、長さを計ったら 16〜7cm はあったと思われます。

                       

                       

                      ナメクジ調べてみました。

                       

                      ナメクジというのは、陸に生息する巻き貝のうち殻が退化したものだそうです。

                      軟体動物門、腹足綱に属するとか、カタツムリの一種。

                      カタツムリは歌になるけど、ナメクジの歌は聞いたことがありませんね〜。

                       

                       

                       

                        2〜3日前のこと

                       

                      洗濯ものを干そうとガレージの横を通った時、大きな蜂(多分スズメバチ)

                      が飛び回っている。ふと頭上に目をやると建築中の蜂の巣。

                       

                      ありゃ〜、いつの間に!

                      これは叩き落とさなければ、家族が危ない!(私もですが・・)

                       

                      箒を取り出し一撃

                       

                       

                      マンホールの傍に落ちました。

                      しかし綺麗に造っていますね。

                      これだけつくるのにどれほどの回数土を運んだのか?

                      感心ばかりはしておられません。

                       

                       

                       

                      日本にはスズメバチは16種もいるそうです。

                      よくみるのはキイロスズメバチ

                                

                       

                      冬眠から覚めた嬢王蜂が5月頃から活動を始めるそうです。

                      向かってくる蜂は、カメラに収められませんから、キンチョールで撃退!

                       

                       

                       

                       

                      昨日の夕方、先のフェンスの下にまたもや大きなナメクジ? 発見

                      しかし身体にきれいな幾何模様があり、こんなのは初めてです。

                      ナメクジなのかどうなのか?

                       

                       

                      随分よく肥えています。左が頭でしょうか?朝のものとは違います。

                      (7〜8cm以上はありました。)

                       

                      またネットで調べてみました。

                      ナメクジの仲間にいました。ヤマナメクジ? らしい。

                       

                      ナメクジはカフェインが嫌いなので、コーヒー殻を撒いておくと撃退できるとか。

                      ビールは好きなので、ビールに殺虫剤を入れて置いておくのもいいとか・・。

                       

                       

                       

                      虫の大嫌いな娘が言います。うちは「野生の王国なん?」

                       

                       

                       

                      ご気分直しに最後は、咲き始めた セッコクの花です。

                       

                       

                      木に植え付けているお宅も多いようですが、うちではフェンスに吊り下げています。

                                                  

                       

                       

                      岩の上や大木に着生するので着生植物というそうです。

                      蘭の仲間でしょうね。唇弁と5枚の星のような花びらがびっしりついています。

                       

                      ではまたお目にかかりましょう。

                       

                       

                      (ナメクジに詳しい方にお願い、間違いがありましたらご訂正ください)

                       

                       

                       


                      | 1/17PAGES | >>

                      profile

                      profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

                      最新の記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode