承天閣美術館 (相国寺のつづき)

0

    承天閣美術館は、1984年に相国寺創建600年を記念して建てられたそうです。

    まだ新しい美術館なのですね。

    寺院のような美術館は、相国寺境内の一番奥まった北側にありました。

                        

     

      

                     

     

                     玄関前の石灯籠(2匹の獅子が支えています)

     

     

     

     

                         パンフレットです

     

    禅の精神に結びついた山水の世界。

     

        達磨が座する洞窟から隠谷の声が聴こえる

     

    水墨画の技法は鎌倉時代から絵画に取り入れられ始めたそうです。

    それが禅宗寺院において大いに流行したと聞きました。

    (禅僧の多くが中国に学んでいるー元・明の時代 雪舟もその内の一人)

     

    達磨の衣服だけ赤いですね。

    写真撮影はできないので、パンフレットから写したものです

     

     

     

    牧谿(もっけい)画の「豊干・寒山・拾得図」がありました。

    牧谿の名前は本でしか知りませんでしたから、とても嬉しく思いました。

                     (牧谿は中国の水墨画の第一人者)

             足利義満がこよなく愛した絵画だそうです。(金閣寺蔵)

    水墨の線が生き生きとして表情も豊かです。次は屏風絵です。

     

     

    桃山時代から近世初期にかけて、当時の風俗を伝える遊楽図が多く描かれたそうです。

     

        花下遊楽図屏風

     

                            (17世紀初期のもの)                    

       幔幕が張られた宴席を描いています     

        右 楽器や囲碁を楽しむ人

        左 音楽にあわせて輪舞する人

       屏風絵を見ていると、こちらまで楽しくなってくるから不思議です。

     

    展示室は第1と第2の2箇所に分かれていました。

    途中廊下があるのですが、廊下から素敵な石庭が見られました。

     

     

     

     

    現代美術のようです。狭い空間にマッチしています。

    灯籠のような石の置物もアートな感じです。

     

     

    廊下には中国の大きな壷も見られました。

    (時代を見るのを失念しました)

    小学生ならすっぽり入られそう。

    ただし3つの取っ手は、マムシだそうです。

     

                  

     

    第2室には茶室も原寸大で2部屋展示されていました。

    茶道具も展示されていたのですが、やはり撮影禁止。

     

    入室者は私を含めて4〜5人、ゆっくり鑑賞できました。

    ご参考までに入館料は600円(60才以上)これは随分とサービスですね。

    気を良くしました。

     

    冗談はさておき、承天閣美術館、お薦めです。

    関西の方は是非ご訪問ください。

                 

                                                  花の中にメジロがいました

     

     

     

     

     

     


    | 1/4PAGES | >>

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode