乾邸の大イチョウ

0

    茨木市の「人と自然と街MAP」を見ますと、安威バス停付近に

    乾邸の大イチョウの絵が描かれています。

     

    我が家からは、徒歩で10分くらいの所にありますので、先日

    カメラ持参で行ってきました。

     

    大きな木です。

    樹高25メートル、樹齢200年を越えるといいます。

    全体をカメラに納めるのは難しい。

     

     

    枝分かれしているところはこんな感じです。

     


     

    枝張りの直径は15メートル。幹周り4.1メートル。 雌株。

    大阪府指定天然記念物です。

     

    住宅の中には入れませんから、フェンス越しに根元を写してみました。

     

     

    祠がお祭りしてありました。

    近所のイチョウ並木はすでに葉っぱは落ちてしまっていますが、

    こちらはようやく散りはじめたといったところです。

    ギンナンはそれほど沢山は落ちていませんでした。

     

        黄金のちいさき鳥のかたちして、銀杏散るなり夕日の岡に

     

    与謝野晶子の短歌ですね。中学くらいで習ったと思っていたのですが

    今は小学校6年の国語の教科書にのっているそうです。

     

     

     

     

     

                         

     

    安威地区は小高い丘陵地帯ですから、100メートルほど東側をはしる府道・亀岡街道

    からも望むことができます。ではまた。

     


    | 1/33PAGES | >>

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode