北陸の美味

0

    日本海側は大変な積雪のようですね。

    お見舞い申し上げます。

    昨晩のテレビニュースでは、富山県高岡市の状況も流れていました。

     

    高岡市に、中学2年生まで住んでいたものですから、「高岡」と聞くと

    聞き耳を立ててしまいます。

    懐かしい方言やイントネーションに、テレビに吸い寄せられるのですが、

    直ぐに終わってしまうから残念ですが・・・。

     

    今日は、その高岡の小学校時代の友人から贈って貰った食べ物のお話です。

     

     

     

    これは何でしょう?  かぶらとブリを使ってつくります。

    かぶら寿司といいます。寿司とありますが、寿司ではありません。

    近江の「鮒ずし」の類ですね。

     

     

    切れ込みを入れたかぶらを塩漬けにしてあります。

    同じように塩漬けしたブリの切り身や人参、昆布などをかぶらに挟んであります。

    米麹を加えて重しを乗せ、2〜3週間寝かせてつくります。

     

    昔は母たちが、お正月頃に家で造っていましたが、今は専門の漬物屋さんで買うようです。

    麹をつけたまま一口大に切って、醤油を少し垂らしてご飯と一緒にいただきます。

     

     

    漬物のような感覚ですが、家人や子どもたちには不人気です。

    それをいいことに、私一人ほくそ笑んでいただいています。

    熱燗にもとても良く合いますよ。

     

    ひとつだけ残念なのは、このかぶら寿司一切れ1,000円近くするのです。

     

     

    これはかまぼこですね。昆布で巻いてあります。

     

    北陸には色々な種類のかまぼこがあるのをご存知でしょうか。

    結婚式に引き出物として用意される蒲鉾は、赤・黃・緑とド派手な一品です。

    写真でご紹介できないのが残念ですが、鯛や富士山や松竹梅などを形づくってあります。

     

    そんな中で、この昆布巻き蒲鉾は地味でが、滋味です。

     

     

    富山湾で捕れる新鮮な魚をすり身にして、北海道産の真昆布で巻いてあります。

    昆布は、よろこぶに通じるので縁起物とされていますよ。

    子供の頃のお雑煮にはいつも入っていたと記憶しています。

     

     

     

    最後の黒い塊のようなものは、一体なんでしょう。

     

    これスルメイカのお刺身にイカの肝臓を加えてをシオカラにし、

    さらにイカスミを入れて黒くしたものです。

     

    加賀百万石の藩主が、将軍様に献上したところ美味を絶賛されたといいます。

    文書で残っているそうですから、お墨つきですね。(イカニモ)

     

     

     

    西洋人は黒いもの(海苔など)は食べないと聴いたことがあります。

    でもスペインには確かイカスミのパスタありましたよね・・・。

     

     

    お酒の好きな方はご存知かも知れません。

    北陸新幹線開通以来、富山、金沢あたりはたいへんな人出だそうですから。

    出かけて賞味なさった方もあるでしょうか。

     

     

    今日は冬の北陸の美味をご紹介させていただきました。

    さて、今晩の献立は何にしようかしら・・・・。

     

     

     


    | 1/3PAGES | >>

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode