万博記念公園

0

     

    友達から「日本庭園に蝋梅が咲いてるよ〜」と電話をもらいました。

    先週の春が来たかと思える暖かい日、二人で万博記念公園へ行ってきました。

     

    蝋梅というのは春先に高貴な香り漂う、蝋のような透明な黄色の花びらの花木です。

    実は私、蝋梅というからには梅の仲間だとばかり思い込んでいたのですが、調べてみると

    なんと、クスノキ目、ロウバイ科、ロウバイ属の低木で、梅とは全く異なる落葉樹でした。

     

    写真を撮ってはきたのですが、影になってうまく写っていません。

    次のアドレスに蝋梅の素晴らしい写真がありますのでそちらをご覧ください。

     

    http://photohito.com/dictionary/%e8%9d%8b%e6%a2%85/

     

    蝋梅は12月から2月にかけて咲くので、冬の季語だそうです。

    花芯が濃い赤紫のものと、色の全く無いものとあります。

    樹高は2メートル以上はありますし、枝も多いのですが、

    確かに幹は梅のものではありませんでした。

     

    記念公園の中には「太陽の塔」近くに、広くてよく手入れされた梅林があります。

    そこへも行ってみました。

     

     

    こちらは、源平咲きの紅梅(しだれ梅)なのですが、少し早すぎたようですね・・・・。

    約150品種、680本の梅の木があるそうですから見応えあります。

     

    満開の白梅

     

    木によって花期が違うのでしょうね、丁度満開のものもありました。

    それぞれの梅に、優雅で典雅な名前がついています。

    私の知っているのは南高梅くらいですが、あれは花梅ではなく、実をとる梅でした。

     

    梅林を過ぎると自然文化圏へと繋がります。

     

    広い芝生ではツグミがひょこひょこと歩いている姿が沢山見られました。

    遠くからでもツグミと分かるのは、数歩歩いては立ち止まって、ナポレオンのように胸を反らす

    習慣があるのですぐ分かるそうです。

    これは野鳥に詳しい友人から教えてもらいました。

    クイツ、クイツと2回鳴いていましたよ。

    ヒワやシジュウガラなども種々観察できるそうですが、双眼鏡を持参しなかったので残念。

     

    誰もが利用できる「自然観察学習館」もありました。

    公園内の野鳥の標本だけでなく、公園内の川に棲む魚の水槽もありますし、木のクラフト作品が

    沢山展示されていました。

    この自然館で、子供さんと一日一緒に遊んだら学習もできますし、面白いだろうと想像しました。

    (お薦めです)

     

    なにしろ広い公園ですから、一度にあちこち回るのは無理ですね〜。

    ソラードという森林の遊歩道(樹間を歩きます)があるのですが、この日は歩くのは諦めました。

     

    帰り道、椿の林の横を通りましたが、250種もの椿があるそうです。(資料から)

     

     

    大輪のピンクの椿と、侘助の一種小さい斑入りの椿を写真に収めました。

    (おしゃべりばかりしていて、花の名前を記録してきませんでした)

     

    梅と椿の鑑賞時期は丁度重なっていますからそのつもりで来園しないといけませんね。

     

     

    下の写真は帰路、自然観察学習館の前でひろった、アメリカフウの種と西大路で拾った種です。

     

    手前の2個がアメリカフウの種、奥は???

     

    奥の丸い種(実のようにも見える)については後日、FB・みちくさ部で教えてもらいました。

    (写真を送りました)

    プラタナスの堅果だそうです。

    そう言えば、プラタナスは街路樹に使われますね。

    モミジの葉っぱを大きく拡大したような(カナダの国旗のような)葉をしています。

    名前もギリシャ語の広いからきているとか。

    アメリカフウというのはモミジバフウの別名だそうです。

     

    急に思い立って午後から行きましたので駆け足でしたが、春風に誘われ気持ち良い散策でした。

    お近くの方は是非おでかけください。

     

     

     


    コメント
    yamaniwakotori 様
    茨木市が万博公園に隣接していることで、市民はどれだけ癒やされているかわかりませんね。
    鶴見緑地よりも自然に近いと思っているのですがどうでしょう?
    確かにソーラーシステム所構わずって感がありますね。池を覆ったりして、いろんな方から苦情を聞きますね〜。
    • 遊山
    • 2017/02/24 11:03 AM
    こんにちは。
    万博の少し冷たい空気と広々とした気持ちの良い風景を追体験させてもらいました。
    梅はもう少し後なんですね。
    訪ねてみたいです。
    以前、中央環状線に沿った万博の法面にはミモザが咲き乱れていましたのに、今はソーラーシステムにとって代わり、残念ですね。
    • yamaniwakotori
    • 2017/02/24 9:47 AM
    コメントする








       

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode