白いスカシダワラ

0

     

    裏山に1本、花柚子の木があります。

    実は我が家の庭木だったのですが、2〜3年前裏山に植え替えたものです。

    柑橘類ですから当然アゲハチョウが良く卵を産みに来ます。

    やがて大きな幼虫になるのですが、青虫に弱い娘の希望で植え替えました。

     

    その花柚子の木にクスサンが今繭を造っています。

    (以前のブログに書きましたが、大きな蛾の名前です)

     

    偶然に見つけました。

    「あれ〜、蜘蛛の巣にしては変な形」と近づいてみると、なんとクスサンの幼虫が

    目下、繭の造営中でした!

    (6〜7月に楕円形の繭を造って蛹になり、9〜10月に羽化する)

     

     

    造営中の幼虫の目がハッキリ目視できました。

    慌ててカメラに納めた1枚です。

     

    考えてみれば当たり前のことなのですが、初め糸は真っ白なのですね〜。

    まるで白いレースのチュールをまとったかのようです。

     

     

     

    糸を撚り合わせた繭は、網目状に穴があいているのでスカシダワラと呼ばれるのでしょう。

     

     

     

    今年の春・3月に見つけた「スカシダワラ」からは結局クスサンは羽化しませんでした。

    6月の今になっても下の写真のような状況です。

     

    他にも羽化していない繭を2個見つけましたから、総ての繭から成虫が羽化するのでは

    ないのですね。自然界の厳しさを垣間見た思いです。

     

    堅いままのスカシダワラ

     

     

     

    弁明(娘のために)

     

    今を去る・・十年昔の出来事です。

     

    私が飼っていたアゲハの幼虫が、蛹になる場所を求めて、こともあろうに

    娘がはいていたスカートの上を這っていたことがありました。

     

    それ以来、娘は青虫が大嫌いになりました〜。

    情操教育のつもりが、娘には悪影響しか与えなかったというお話です。

     

    青虫のケージのふたが開いていたのですね〜。(オソマツでした)

    いまだに恨まれています。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode