白井河原の蛍合戦

0

    下の絵は、摂津名所図会に描かれた、白井河原の蛍狩りの絵です。

     

              着飾った女性達が、浅瀬の岩伝いに河原に降りていく様子

              子供達も蛍を捕まえようと網らしきものを振り回しています

     

    白井河原というのは、実は我が家から自転車で10分とかからない近隣にあります。

     

    ここが昔から「蛍の名所」だったという話は、義母から聞いて知ってはいたのですが、

    摂津名所図会にその絵が載っていた事は知りませんでした。

     

    茨木市教育委員会が発行している「茨木の歴史」という本があります。

    その本の裏見返しにあるのがこの絵です。

     

                                                     

    いつも通り慣れた場所ですが、現在の白井河原を写真に納めてきました。

     

                            

    2本の川が合流しています。

      画面右から左へ流れているのが佐保川。

      画面中央から流れ込んでいるのが勝尾寺川です。(箕面から流れて来ている) 

     

    2本の川はここで合流して茨木川となリ、その後安威川に合流します。

     

    江戸時代には堤がなく、広い河原が広がっていたのだそうです。

     

    同じ教育委員会編纂の「わがまち茨木」の民話・伝説編には、「白井河原の蛍合戦」

    の昔話が載っていました。

     

    民話編からの抜粋です。

       白井河原の蛍合戦

     

       毎年初夏になると、村人は日暮れ頃になると酒肴を持ち寄り、

       むしろを引いて河原に陣取った。

       宵闇が暗くなる頃に、遠くからゴオーというかすかな羽音が聞こえ、

       蛍の集団が近づいてくる。

       やがて東からと西からと蛍の大集団が近づいてきて白井河原の上空で

       激しくぶつかる。相当数の蛍が流れ星のように落ちる。

     

       河原で見物する人たちはその壮観さに思わず歓声を挙げて見守っている。

       しばらくして蛍の集団はいずれかに飛び去る。

     

    「蛍のゴオーという羽音が聞こえる」

    一寸信じられない表現ですが、そんな情景や楽しい風習があったのですね。

    多分、蛍の交尾の時期に合わせて「蛍狩り」の優雅な遊びがあったのだと思います。

     

    そう言えば、50年程前この地に越してきた頃、佐保川に蛍が飛び交う様も見られました。

       

                                                                            

     

    「茨木の歴史」は初版が昭和48年、平成8年には改訂版が発行されています。

    我が家にも隨分前からありましたのに、じっくり読んでいませんでした。

     

    (摂津名所図会は、1796年から1798年に刊行された、9刊12冊の地誌です)

     

    自分が住んでいるこの地の歴史を、少しずつ紐解いていければと思っています。

     

                                                 

     この日合流地点では、男の子と父親らしき人影が魚を捕まえている様子が見られました。

     

     

     


    コメント
    yamaniwakotori様
    コメントありがとうがざいます。蛍合戦をネットで調べますと、沢山でていますね。
    もともとは宇治の河原で繰り広げられた源平合戦が、下敷きとしてあるようですが、茨木の場合は「白井河原の合戦」にかけているようですね。

    私が小学生の頃といえばもう60年以上も前のことになってしまいますが・・・、弟や近所の友達たちと蛍狩りに出かけた頃は、星を草むらに撒いたように光っていました。
    私も蛍の復活を待ち望んでいます。
    • 遊山
    • 2017/06/30 11:04 AM
    なんて素敵なblogでしょう!
    この蛍狩りの絵は名もなき人が描いたのでしょうか。
    まるで江戸情緒のような。

    蛍の合戦とは、白井河原の合戦を蛍にもじったのですか。
    堤がなく自然のままに広がった当時の川を想像しました。
    時々は大氾濫を巻き起こしたかもしれませんね。
    里に近い川は歴史を紡いで今日に。

    あの近くに住む友人が言っていました。
    もう一度蛍を川に戻す活動が近年あったと。
    護岸の壁の絵に蛍が描かれているのは、そんな昔を偲んだり復活を願ってのことなのでしょう。
    • yamaniwakotori
    • 2017/06/29 8:19 AM
    コメントする








       

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode