おばけキノコ

0

    毎年、梅雨が終わり、いよいよ本格的に暑くなるぞ・・・という今の季節

    決まって裏山に、奇妙な白いキノコがにょきにょきと生えてきます。

    けっこう大きくて直径は10センチを越えるものもあります。

     

     

     

     

    湿った日陰を好むようです。

     

    これは馬酔木の木の根本にかたまって生えています。

    土から顔を出しているときは、丸い頭が見えていますが、地上に出ると傘を広げてしまいます。

     

     

     

    傘の上は、サラリとしていて粘着性はありません。

    ヒビが入って割れ、そっくり返っているものが多いです。

    石づき(傘の下の足の部分)は短くて大きなものでも4〜5センチしかありません。

     

     

    白い大きなキノコを、ネットで調べましたが見つかりません。

    (白いキノコって隨分沢山あるのです。色々調べましたが決定打がありません)

     

    毎年同じ所に生えますから、胞子を飛ばす力はあまりないのでしょうね。

     

     

    可愛いというよりは、むしろ気持ちが悪くて、勝手に毒キノコだろうと思っている

    のですが真相は不明のままです。

     

    どなたか、キノコにお詳しい方おられましたら、名前を教えてください。

     

     


    コメント
    中井 様
    今晩は、大阪は(北摂は)台風の影響それほどなくて、助かりましたね。
    ブログお尋ねくださってありがとうございます。
    シロハツモドキというのですね。ネットで勉強しました。けっこう中毒症状が怖そうですね。

    実物をみると、これは危ないな〜と感じます。
    狩猟採集民俗の末裔ですから、カンが働くのでしょうね。
    中井様はお仕事の関係もお有りでしょうが、色々のところ訪問されて楽しそうですね。一緒になってこちらも楽しませていただいておりますよ。
    • 遊山
    • 2017/08/07 11:23 PM
    このキノコは「シロハツモドキ」と言うそうで、毒キノコだそうです。みちくさ部の方におしえていただきました。
    綺麗なキノコには毒がある(*^_^*)

    お変わりございませんか〜?
    ブログ楽しませて頂いています(*^_^*)
    • 鯉です。中井です。
    • 2017/08/07 9:37 PM
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode