花ざかり

0

    「花」と言えば、梅でしょうか、桜でしょうか?

     

    奈良時代までは、花と言えば「梅」をさしたそうですね。

    江戸時代になってから花見は桜になったのだそうです。

    (秀吉の醍醐の花見は桜でしたよね・・・・?)

     

    ところで我が家の桜は、本日もう満開になりました。

     

    この桜、実はサクランボのなる桜です。

     

    何時も3月中旬には満開になります。

    何故こんなに早く咲くのか調べてみました。

     

    家庭に植えられているサクランボのなる桜木は、多くが中国桜桃と言う種類だそうです。

    自家結実性で、開花はひときわ早く3月上旬と説明されていました。

     

    有名なのは「サトウニシキ」ですが、これは西洋のナポレオンとアメリカの原産の黄桃

    を交配してできたものだそうです。

    山形の佐藤栄助さんが交配して作られたので「サトウニシキ」と言うのだそうです。

     

    我が家のサクランボはサトウニシキとはいきませんが、それでも5〜6月になると

    たわわに実をつけます。

    ヒヨドリと競争で採り入れ、ご近所さんに配ったり、ジャムにしたりしています。

     

    梅も満開になりました。

     

    少し分かりにくくてすみません。

    八重のしだれ梅です。

     

    梅の開花時期は巾がありますね。

    地域や温度よって開きがあり、1月から3月だそうです。

    丁度今、桜と一緒に咲いています。

    梅の花言葉は、「高潔」「忠実」「上品」だそうです。

    「花の兄」とも呼ばれているそうですから、古くから愛されていたのでしょうね。

    確かに気品のある花ですね。

    花の下で「飲んで、歌って、踊り出す」という雰囲気ではありませんね。

     

     

    最後は山茱萸(さんしゅゆ)

     

     

    この春は沢山花をつけています。

    小さなマンサクのような黄色い花です。

    春黄金花とも言うそうです。

    この花秋になると赤い実をつけるそうですが、我が家では実がなったことがありません。

    何故でしょう?

     

    春は確実に色濃くなってきました。

    明日は雨と聞いていますが、一雨ごとに暖かくなるのでしょうね。

                    

     

                    

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    Tomiko様
    きっと又回復することがあると思いますよ。
    裏山にもそれは沢山の蕗の薹でしたのに、去年0だったのです。今年回復して2つ出ています。理由は全く分からないですが、来年に期待しています。
    いつもブログ読んでくださって有難うございます。
    • 遊山
    • 2018/03/17 7:59 AM
    フキノトウが裏山に出ているのですね!
    食材として大好きです。蕗を少し植えていたら、家の狭い庭にもフキノトウが顔を出していたのですが。
    ここ2・3年は見ることが出来ません。寂しいです。
    • Tomiko Saito
    • 2018/03/17 6:54 AM
    コメントする








       

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode