ナニワ茨とモッコウバラ

0

    クリスマスローズとイカリソウの時期が終わリ、山はすっかり新緑に変わりました。

    5月の初旬、一番の花は薔薇でしょうか!

     

    我が家は落葉樹の林に隣接していますから、この時期小鳥たちがよくやって来るのですが

    その代りに昆虫も多く、毛虫や青虫も多く見うけられます。

     

    そんな中にあって、昆虫の被害を全く受けないのが「ナニワ茨」と「モッコウバラ」です。

    美味しくないのでしょうか?

     

    ナニワ茨です。


    隣家との境に植えています。

    坂道になっているのですが、フェンスに沿って流れるように咲いています。

     

     

    「ナニワ茨」は台湾原産のつる性の低木だそうです。難破商人が日本へ持ち込んだので

    この名前になったそうですが、とにかく丈夫で枝の長さは5〜6メートルにもなります。

    花の直径は7〜8センチもあり、耐寒性も耐暑性もあるのでとても育てやすい薔薇です。

    次は「モッコウバラ」です。

    モツコウとは木香と書きますが、いい匂いがします。

    ご近所から戴いた枝を挿し木して3年目、今では随分広がって枝がしなっています。

    なによりいいのは、薔薇なのにトゲがないので剪定がしやすいことです。

    ちなみに茨木市の市花は「薔薇」です。

    1962年に市政20年と万博開催を記念して決められました。木は「カシ」です

    もともと茨木は水辺の荒れ地だったそうで、坂上田村麻呂が茨を切り開いて

    町を造った、という説があるそうです。

    市には「若園公園」という広い「バラ園」もありますよ。

     

     

    薔薇の足元には「都わすれ」が広がり紫の絨毯とまではいきませんが、
    紫の座布団になっています。

    ・            蛇の目蝶が蜜を吸いにきています。

     

     

    今日もお尋ねくださってありがとうございました。

    窓辺から見た薔薇

                  

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode