初夏の野の花

0

    立夏になってもう末候ですね。

    此の頃のことを「竹笋生ず」と言うそうですが、日中は真夏並みに暑いですね。

     

    安威川に沿って散歩してみました。

     

     

    ノイバラ(野ばらとも言う)が満開です。

    小さな花ですが一斉に咲き始めるとあたり一面が真っ白です。

    対岸に広がるノイバラを望遠で写してみました。

    水面に写り込んだのが涼しげです。

     

    ノイバラは鑑賞用よりもむしろ、薔薇を育てる台木として使われるそうですが、

    野性味豊かでなおかつ優しい薔薇だと私は思います。

     

     

    ところで、

    クローバーというとまん丸の白い花を咲かせる、野原や畑で見られる可愛い花ですが・・

          

                   

     

    クローバーにも色々種類があるのですね。

    真っ赤なクローバーが咲いていました。

     

    この花、クリムソンクローバーというそうです。(帰宅後調べました)

    「え〜これがクローバーなの」、と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    よく見ると、葉っぱはクローバーです。

    ストローベリーキャンドル とかストローベリートーチ とも言うそうです。

    日本では紅花ツメクサと言うそうですが、この名前の方が分かり易いですね。

    茎や葉は柔らかいので茹でてお浸しにしたり、和え物として使えるそうです。

    薄紫色のクローバーもありました。

    アップすると

     

     

    花はまん丸で、シロツメクサに似ていますが、花の直径は2センチは十分ありそうです。

    クリムソンクローバーもムラサキツメクサもシロツメクサもマメ科の多年草です。

    茎は地を這って伸びてゆく匍匐茎です。

    北海道などで、一面に広がって見られるのはそのせいですね。

    (我が家ではシロツメクサを見つけると広がると困るので根切りで駆除しています)

     

     

     

     

    次は目立たない花 「ギシギシ」

     

     

    今の時期とても綺麗だと思うのですが・・・・いかがですか?

    根元はこんな風になっています。

     

     

    大きな葉っぱです。(10〜25センチになるとか)

    これも採りたてを天ぷらにして食べたら美味しいそうです。

     

     

     

     

    最後はこれなんでしょう。

    お分かりになりますか?

     

     

    「ハラン」の根元に2週間ほど前に見つけました。

    ハランの花は足元に咲くと聞いていたので、蕾だとばかり思って待っていたのですが、

    いつまでたっても花が咲がきません。

    調べてみました。

    どうもこれは花が終わったあとの果実のようです!!  う〜ん残念

     

    NHKの「花を育てる」で見たら、花はカンアオイの花によく似た地味な花でした。

     

     

    ではまた。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode