長岡京ガラシャ祭り2019

0

    JRのおでかけネット「電車&ウオーク」で10日に長岡京市でガラシャ祭りのあることを

    知りました。

    細川ガラシャが明智光秀の娘であり、美貌の女性であり、キリシタンに改宗した人物である
    ことまでは知っていましたが、長岡京市とどう結びつくのかそれは全く知りませんでした。
    行ってきました。
    長岡京市まではJRで20分ばかりのお隣さんという距離なのですが、下車したのは久しぶり。
    改札を出ると「ガラシャ祭り」の文字を染め抜いた水色の法被を来た歓迎の面々がズラリ。
    パンフをどっさりといただきました。(以下はそのパンフからの抜粋です)

     
    今から約440年前光秀の娘、玉(珠とも)は細川忠興に輿入れしていますが、忠興の居城は
    この長岡京市にあり、2年間幸せな新婚時代をここで過ごしたと言われています。
    その史実をテーマにしたお祭りが、平成4年から始まり今年は28回目にあたるのだそうです。
    輿入れの様子を再現した約1000人の行列が、長岡第六小学校を出発、勝龍寺城公園までの約3
    キロの道のりを練り歩きます。豪華な歴史衣装をまとった行列は、市民の公募で配役が決まり
    市民総出のイベントとなっているようでした。
    (勝竜寺城公園は居城があった場所です)
    ガラシャウイークは2日からオープンしており、ふれあい昼市、ものづくり市、コンサート、
    NHKラジオ「DJ日本史」、オペラ、盆栽展、ガラシャ屏風展示、など随分多彩です。
    12月8日には磯田道史先生(実は私、大ファン)が「麒麟が来る」という歴史講演会をされる
    そうです。大変な熱の入れようですね。
    まず出発地点の小学校前に行ってみました。
    当日、秋祭りには最高のお天気。沿道はすでにいっぱいの人で埋め尽くされていました。
    一寸失礼して歩道横の1mほどの石垣の上に登り観覧。
    (一人ではありません。列に割り込ませてもらいました)
    行列は継体天皇から始まり、清少納言、熊谷直実もいたりでびっくり、細川忠興、細川玉、細川
    藤孝、もちろん明智光秀、その妻煕子、マリア(入信を勧めた人物)と豪華な行列です。
    小学生や園児たちも、工夫した衣装で一行に参加、参加者の人と沿道の人たちとの交流が随所で
    見られとてもアットホームな雰囲気でした。
    最後に応援出演でしょう、京都の橘高等学校の吹奏楽部のマーチングがあり、熱烈な歓声が湧き
    上がっていました。
    彼女たちの行進はオレンジ色のユニフォームを閃かせ、リズムに合わせたパフォーマンスは流石、
    テレビで何度か見ていましたが、高校生のこぼれるばかりの若さと笑顔に圧倒されました。
    (若い男性陣のカメラの放列が、マーチに合わせて移動していくのも面白かったです)
    後書き
    細川忠興と玉の婚姻後4年に「本能寺の変」が起こります。
    それ以後の玉姫の運命の変遷には壮絶なものがあり、クリスチャンだったガラシャは、
    自殺することなく、家老に胸を突かれ城の炎上と共に亡くなっています。
    宣教師が骨を拾ったそうですが、当時37歳の若さだったそうです。
    忠興と玉の婚姻は、織田信長の勧めだったことも皮肉ですが、当時二人は15歳、
    丁度高校1年生の年齢ですから時代が違うとは言え、ガラシャは立派だったのですね。
    (後書きの部分はネット検索で調べました)
    紅葉には少し早い、秋の楽しい一日でした。

    コメント
    遊山さま

    秋にぴったりなイベントですね。
    衣装きれいでしたか?
    継体天皇からというのがなんかおもしろい!
    長岡ではたった二年間の蜜月だったのですね。
    来年の大河ドラマの舞台にもなるでしょうからさぞ盛り上がったことでしょう。
    新しい切り口で光秀を描くとのことで楽しみにしています。
    遊山さんは12/8は是非行かないといけないですね。
    • yamaniwakotori
    • 2019/11/13 9:27 AM
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode