保護犬が我が家にやってきた

0

    保護犬が我が家にやってきました。

     


    なんとこの「ワンちゃん」鹿児島経由の飛行機でやってきたのです。
    保護された場所は、鹿児島県・T島
    飼い主さんの事情で、保健所に持ち込まれた犬です。
    保健所に3ヶ月間ステイした後、高槻市の「保護犬の団体」に引き取られたものです。
    保護団体の見学に行った娘の目に止まりました。
    T島では飼い犬でも室内ではなく、放し飼いの状態で育てるらしいのです。
    10歳ということですがどうも排泄の躾ができていません。
    なにも好き好んで躾のできていない老犬を引き取らなくてもと思われるでしょうね。
    ところがこの「ワンちゃん」以前我が家で飼ってた犬と瓜二つ。
    娘の「殺処分」だけはどうにも可愛そうだという理由で我が家にやってきた次第です。
    歯並びが良く、歯も真っ白で清潔です。
    T島では生きの良い魚を毎日食べていたのかもしれません。
    5月1日にやってきたので、「五月」ちゃんと呼ぶことにしました。
    保護団体の方から細々とした飼い方の注意があり、トライアルの契約をしました。
    我が家は田舎の家ですから、室内も庭も広いので環境は良いと判定されました。
    3週間経って「五月」の行動や性格が少し分かってきました。
    以下は彼女「五月」の1日の行動日程です。
    6時         起床   庭へ出て、排泄
    6時半        朝食
    7時過ぎから8時   散歩
    10時〜 16時   室内か庭へ
               家人がテレビを見ると、一緒にテレビを見ます!
    ・       
    16時〜 17時   夕方の散歩  
    17時        食事 食事後は庭へ  排泄
    18時        室内
               疲れてきたらマットの上で就寝
    20時頃       一度庭へ       排泄
    なんとかリズムがつかめてきましたが、排泄を教えてくれないのが最大の難点!
    放し飼いされていた割には、性格は穏やかで人に吠えないのがいいところです。
    「五月」が来て以来、私に早寝早起きの習慣が身についたのが思わぬ収穫。
    朝のラジオ体操をしてから、ウオーキングも再開するようになりました。
    明日は市役所へ行って登録を済ませようと思っています。
                                  
    保護犬とは、捨てられたり逃げてしまった理由から飼い主がおらず、動物愛護センターなどに
    一時的に保護されている犬のこと。日本では毎年10万頭が保護され、うち8万頭が殺処分さ
    れるという事実があり、問題となっている。
     
           

    コメント
    五月ちゃんとの生活、遊山さんにとって
    今以上の健康とハリがもたらされたのでは、、、。
    五月ちゃんも健やかそうで、鹿児島での生活が見えるようです。
    運のある子なんですね。
    会えるのを楽しみにしています。
    • yamaniwakotori
    • 2020/06/02 11:36 AM
    ありがとうございます。
    こじろう君は長生きでしたか?
    一緒に生活すると、別れはお辛いですね。
    五月はなかなかお利口さんですよ。
    10歳じゃないのじゃないかと思うほど力があります。
    • 遊山
    • 2020/05/28 9:47 PM
    「五月ちゃん」良かったね!
    いい顔してる。美人やね。
    私も犬が大好きです。
    2年前に亡くなった「こじろう」。未だに引きずっています。
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode