旅立ち

0
    気がつけばもみじの赤い葉が風に舞い、銀杏の大木が黄色に染まっています。

    前回、父の病状をこのページに書いてから10日ばかりが経ちました。
    11月23日には、近所の安爲神社で恒例の蹴鞠の会があるというので
    友達と一緒に見に行く予定にしていました。
    その祭りの当日に、父は静かに旅立って行きました。

    気分の良い日にはベッドサイドに腰かけてゆっくりでしたが食事を摂っていた父が、
    食事を受けつけなくなったのは、亡くなるほんの2日前のことでした。

           18日 3時のおやつ 林檎のペースト

    息子が手を握ると笑顔で応え、出勤する娘には行ってらっしゃいと目顔で言って
    いたのに、23日夕方、私には何も告げないで一人旅立つてしまったのです。

    100歳の大往生でした。
    直ぐ駆けつけてくださった主治医が、「ええ顔やな」と言ってくださいました。
    最後に言ったのは「兄貴は帰ったの」という言葉でしたから、その頃もう兄弟と
    遊んでいる夢でも見ていたのかもしれません。

    寂しくなりました。
    これほど大きな穴があいたような寂寥感は初めてです。
    「夕食は何にしようかな」と考え、「あ〜いらんのや〜」とがっくり来ます。
    洗濯ものが出ないので、洗濯機は止まったままです。

    でもきっと今頃は先に行って待っている母に逢えたことでしょう。
    青い空に輝くように映える銀杏の大木を見ながらそう思っています。


        ひい孫の習字をみてやる父      (2014年正月)

     一緒に蹴鞠を見に行く予定だった友が、前日俳句を届けてくださいました。


         百歳を看取る友訪ふ菊日和   昭子さん

    心遣いしていただいた方々や医療のスタッフに感謝して、ご報告いたします。






     

    << | 2/4PAGES | >>

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode