台風一過

0

    今回の台風21号は、関西に随分と大きな爪痕を残しましたね。

    皆様のところでは被害はありませんでしたか。

     

    聞くところによれば京都北山では1000本もの杉がなぎ倒された

    と言いますし、あちこちで大木が根元からなぎ倒された写真を目

    にしますね。

    太い木が幹の途中で折れているのを見ますと。正に生木を割くと

    いう状態で「痛い・痛い」と叫んでいるように感じてしまいます。

     

    我が家でも裏山には、15メートルを越すクヌギやシイの木等が

    何本もありますから倒れないかと随分心配しました。

     

    19号の台風のときすでにクヌギの上部の枝が折れ、ぶら下がって

    いましたから、今回は落下するに違いないと覚悟していたのですが、

    何故か無事で、やれやれと安堵しておりました。

     

     

     

    ところが、1週間を経て8日のお昼ごろ、サンルームの屋根の上へ

    大きな音と共に落下したのです。ご近所の方も2〜3人飛び出して

    こられた程の音響でした。

    フェンスと建物の狭い間にすっぽりと収まって止まりました。

     

     

     

     

     

     

    窓ガラスが割れて粉々、落下の衝撃でサッシまでひん曲がってしまい

    ました。下から見上げていた時はそれほど大きな枝とは思わなかった

    のですが、小さな街路樹1本分位の太さの枝です。

     

     

    19号からは何日も経っていますから、葉っぱはすでに茶色く変色。

     

    ともあれ私は台所で調理中でしたので、怪我はありませんでした。

     

    いつもメンテナンスをお願いしている工務店さんに連絡を取りましたが

    この台風被害甚大の時ですから直ぐには来て貰えそうにありません。

     

    取敢えずベニヤで穴を塞ぎ、ぶら下がったガラスの処理だけ済ませました。

     


     

    心配していたことが起こってしまったわけで、山の持ち主さんに連絡を

    入れました。

    今朝は半休を取って親子二人で来てくださいました。

    大きな枝を電動ノコギリで細分し、片付けるのに2時間を要しました。

     

     

    1本の枝を始末するのにこれだけ時間がかかるのですから、1000本の杉林

    を復元するのには、どれだけの人材と時間を要するのでしょう。

     

    私の好きな神戸市立森林植物園さんのフェイスブックを見ると、200本

    倒れたとありましたし、京都府立植物園さんにはクスノキの長い散策路

    で倒木があり、9日まで休園していたそうです。

     

     

    今回の台風の経済的損失はいったいどのくらいに膨れ上がるのでしょう。

     

    自然が被った被害の回復には、費用だけじゃなく長い年月を必要とする

    のですから随分大きな負の遺産を残したことになりますね。

     

    今年はもうこれ以上台風は来ないでしょうか?

    満身創痍のクヌギの木を見上げながら倒れて来ないことばかりを願って

    いる私です。

     

    下の絵は油絵を習い始めたころ、京都府立植物園の散策路を描いたものです

     

     

                           

     

     

     

     

     

     


    << | 2/41PAGES | >>

    プロフィール

    profilephoto
    名前を遊山といいます。   大阪府の北部に住んでいます。 京都にも近い山間部です。 近くには安威川が流れています。 川向うは高槻市になります。
    福祉施設の現場や学校などで介護を中心に60才まで就労しました。 今は家人と晴耕雨読の生活です。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥のこと、加えて地域の行事や小さな旅行など 紹介できたらと考えています。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode