インドネシアの人形劇

0

    民族学博物館からの報告をこのブログ上で二度にわたって書いています。

    インドネシアの人形劇についても前回少し書きましたが、分からないことが多かったので、

    また、「みんぱく」へ行ってきました。

     

    話は変わりますが、

    新聞に吉田賢治さんが、「みんぱくの館長さん」に就任されことが載っていました。

    実はこの吉田先生、放送大学で「博物館概論」を講義しておられます。

    (土曜日の10時30分からBSの231チャンネルで見ることができます)

     

    先日、なにげなく聞いておりましたら、

    「博物館の使命は、物を収集するだけでなく、それを作り出した人々の生活や伝統を

    映像として残しておくことが重要だ」とお話されていました。

     

    みんぱくを訪れた方は、ご存知かと思いますが、隨分沢山のテレビのブース並んでいます。

    でも、私一度も体験したことがなかったのです。(アホですよね〜)

    ビデオテークと呼ばれているコーナーです。


    体験してきました。

     

    ブースの座席には、手元にPCの画面があって、見たいものが選択できるようになっています。

    地区・・・・東南アジア・・・・インドネシア・・・・人形劇   と言った具合です。

     

    ワヤン・クリット

    お祝いの時や、厄払いの時に上演されるという人形劇の人形は水牛の皮でできています。

     

    皮を一晩水に漬けてから干し、乾いたものを鞣(なめす)して、直接絵を描きます。

    何度も色を付けてからナイフで(彫るように)切り離します。

    人形の操り棒は、水牛の角からつくられているそうです。

     

    演者(ダランと言う)は一人。歌を歌い、ストーリを語り、何体もの人形を操ります。

    演目は王位を争う物語が多いそうです。

    大小様々なゴングや、鉄琴、太鼓、胡弓で構成された楽団がガムラン音楽を奏でます。

    人形劇は暗くなってから始まりますが、ココナツの殻を燃やして灯りにします。

    7夜かかるものもあるとか。

     

    ビデオを見て成る程と合点がいきました。

    映像に残すことにこそ博物館の使命があるということが良くわかりました。

    楽しい時間でした。

     

     

    追記

    先日、日本全国で33箇所の祭りが、ユネスコの無形文化財に指定されましたね、

    私の故郷である高岡の山車祭りもその中の一つに入りました。

     

    山車を組み立てる裏方の仕事や、神社との関係は見ていてとても楽しいものです。

    町を挙げての女性陣の応援体制も脈々と続いています。

    そんな伝統行事もビデオに撮って残しておく財産なのですね。

     

    来春の5月1日、祭りの日には久しぶりに帰郷したいな〜と思案中です。

    7台の山車が整列した図柄の手ぬぐいです。

     

     


    << | 2/6PAGES | >>

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode