コゲラ

0
    庭の片隅に槇の木が一本あります。
    その槇の木に直径5〜6センチのまあるく空いた穴が見られます。


    これはなんの穴でしょう?
    リスの巣穴でしょうか?
    イエイエ、この辺りでリスを見かけたことはありません。
    ムササビ?
    ムササビも見たことはありません。
    実はこれ、キツツキが空けた巣穴です。
    こんな都会のごく近い里山にキツツキなんているのでしょうか。
    いるのです。
    それどころか最近は町の公園などでも見かけると聞きました。
    そのキツツキが空けた穴なのです。

    鳥の写真はうまく撮れませんでしたから、図鑑から拝借しました。


           山と渓谷社から出ているポケットガイド「野鳥」から

    キツツキ目、キツツキ科のコゲラといいます。
    キツツキの仲間では一番小さな鳥だそうです。
    体長は15センチくらい、体には白と黒の模様があります。
    木の幹を移動しながら昆虫を探して食べているそうです。
    日本全国に生活している留鳥です。

    1週間ほど前からこのコゲラには気がついてはいたのですが、
    巣を作っているとは思っても見ませんでした。
    見つけてくださったのはお隣の生物学専攻の学生さんの父上です。
    (父子で生物にお詳しい)
    「静かにしていた方がいいですよ」と教えて頂いたので木の下はそ〜っと歩いていました。



    今朝、静かに静かに、穴の様子を見に行きました。
    いました。

    もう少しクリアだといいのですが、近づけません。
    小さな可愛い顔が覗いています。
    羽がフカフカした感じです。
    幼鳥でしょうか?
    でもくちばしは黒いようですね。
    親鶏を待っているのかも知れませんし、親鳥が警戒しているのかも知れません。
    (背中が見えないので私には判断できません)


    なんだかとっても嬉しくなって、写真をアップしました。
    バードウイークは明後日、5月10日から始まりますね。

    << | 2/3PAGES | >>

    profile

    profilephoto ■ニックネーム 遊山 ■住んでるところ 大阪府   60歳まで福祉畑で仕事していました。 70歳を過ぎた現在は、夫と100歳になる実父との超高齢世帯です。 京都に近い北摂の山間部で生活しています。恵まれた環境ですが少し不便です。 旅行が好きでスケッチ旅行に何度か海外へ行きましたが、介護が始まってからは、もっぱら京都や奈良の美術館巡りです。 ブログでは裏山に自生する植物や野鳥、昆虫などの紹介をしたいと考えています。 写真は素人ですが、さりとて上手な絵が描けるわけでもありません. 時々「へたな横好き」のスケッチをupしたいと思います。

    最新の記事

    カテゴリー

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode